2008年 06月 23日 ( 1 )

Mac Book Proに付属の電源アダプターは、アップルご自慢のMagSafeだ。MagSafeはすばらしいと思うけど、電源アダプターとしては無駄に大きくないだろうか?以前の丸形ジャックの電源コードの頃は規格品だった事もあり、サードパーティのメーカーから対応する小さな電源アダプターが発売されていたが、MagSafeはアップルの特許らしく、ネットで探してみたがサードパーティ製のMagSafe対応製品は見つけられなかった。アップルに高額な特許使用料を払ってまでMagSafe対応製品を作るメリットが無いからだろうけど、だれか作ってくれないかなあ? …とっても出来がわるいので。

f0174521_20401776.jpg


以前のPower Book G4時代に使っていたBrighton製B-POWER G4という製品と並べてみたところ。こちらの製品は小型な上、コードの総延長が3m80cm程もあり、ほとんどの場面で延長コードを必要とする半端な長さのアップル純正電源アダプターに比べて大変使い勝手が良かった。勿論根元がねじくれてくるような事も無かった。

f0174521_20415260.jpg


 アップル純正の電源アダプターはいかにもアメリカ人が考えそうな見かけ倒しのデザインだとしか思えない。しかも電源コードをアダプター本体にある2本の足に巻き付けて収納するのだが、何度か使っているうちに根元のところが写真のようにねじくれてきてしまった。表面の白い保護チューブの内部のコードがねじくれたまま元に戻らずこんな事になってしまったのだが、これってコードが安物ってことじゃないのかなあ?
 それとも私の使い方が悪い?気温の低い冬場などに電源コードをほどこうとすると固くなったコードが巻き付けたままの形になってきれいに伸びてくれないので仕方なく無理矢理伸ばす事になるのだが、そういう事の繰り返しでこのようになってしまうようだ。もっと質の良いシリコンコードを使ってほしいものだ。
 今は電源アダプターのコードを本体の足に巻き付けず、丸めて収納するようにしている。コードの断線を少しでも防ぎたいからだ。いずれ電源コードが断線して使えなくなった時、新たに買い替えなければならないとしたら、断線するとわかっていながらアップル製の出来の悪い電源アダプターを買わなければならないなんて…不幸だ。