タグ:ルマンクラッシック ( 8 ) タグの人気記事

 ルマンクラッシックの方は取材も終わり、今日はC5の撮影の為田舎をウロウロ。しかしこの車、フランス国内での注目度はかなりのもので、いろんな所で声をかけられた。私もシトロエン嫌いじゃないし、馬力がもう少し欲しい以外、かなり好感が持てた。欲しいかも…。
f0174521_12263231.jpg

 朝、TOURSを出てロワール河沿いにC5の撮影をしながら田舎道を走り、SAUMUR(ソミュール)で昼食。乗馬の学校が有名な街で、私もかつて来た事がありなつかしかった。しかし、たまたま今日はフランスの建国記念日で、街の中心部は交通規制があり車で入れないようだったので、河沿いの店に入る。
f0174521_12271196.jpg

       3人の男が食べたもの
f0174521_12275321.jpg

     ハラミ肉のステーキだったと思う…。
f0174521_12282730.jpg

     忘れました…。
f0174521_12284886.jpg

     一面レンズ豆の下に骨付き肉が隠れていました。


       観光っぽい写真をひとつ

f0174521_12293862.jpg

ロワール河にかかる美しい橋。名前は…調べたけどわからなかった。

 週末だけの短い、けれど濃い取材でした。2年後もまたルマンクラッシックに来たいなあ。

f0174521_12303454.jpg

 ミュルサンヌコーナーお立ち台。普段はランドアバウト形式の交差点。
 ルマンクラッシックを報じるこちらの地方新聞。さすがに地元のイベントだけあって1面に大きな写真入りである。
f0174521_19133748.jpg

     めくってもルマンクラッシック関係の記事
f0174521_1914662.jpg


 取材を続けているうちに食事の時間を逃し、食いっぱぐれのメにあうのは良くある事だが、今回もその例に漏れず、ルマン市内の食事が出来そうな店は全て閉まっている時間になってしまった。開いている店を探して迷い込んだ?のが「ケバブ」屋。チュニジアなどかつてのフランス植民地系の人達がやっている。私も長い事ルマンに通ったけれど、このテの店に入るのは始めてだ。パリ在住7年のN君によれば、ここ何年かでずいぶんと増えてきたのだとか。パリならともかく、ルマンみたいな地方都市にまで浸透しつつあるんだね。
f0174521_1914375.jpg

 いかにも辛そうなソースをかけていただくのだが、なかなかカラウマイ。
同行者と3人でうまいうまいと盛り上がっていると、雰囲気が伝わったのか、店のアニイがあれこれとソースを何種類も持ってきてくれる。
   「うちは全て自家製で、既製品を使っている他の店とは違うのだ」
という。確かにどれもおいしかった。同行者のひとりは翌日「また行きたい」とまで言い出したが、さすがに毎日はねえ。
f0174521_1915647.jpg

 撮影前にルマンのはずれにある洗車場にてシトロエンC5の洗車中。フランスにも洗車場ってあるんですよって、そんなのあたりまえか。
 ルマン24時間レース取材の場合、目安として16時のスタートから日の暮れる21時過ぎまで、次が夜間、そして朝を迎えて昼過ぎまで(ここが疲れもピークに達する頃で、暑い時等は本当につらい)。そしてゴールまでの数時間、という風な区切りでペース配分を考えるようにしている。ホテルに帰る事はあまりない。しかし今回は陽が暮れて暗くなった頃にちゃっちゃと写真を押さえてホテルに戻る事にした。何しろ、いつもと違ってホテルのある街までは遠いしねえ。
f0174521_22592268.jpg

 天気は良さそうだったので、朝日を狙ってみようかとも思ったが、同行スタッフの疲れきった顔を見てあきらめる事にした。今からホテルのあるTOURSまで行くと往復で3時間。戻って朝日に間に合う時間にサーキットに来る為にはホテルに2時間弱しか居られなくなると言う事になる。私ひとりならずっとサーキットに居て車の中で休む事も出来るが、同行スタッフまでそれにつきあわせるのも…、という勝手な言い訳で。まあ朝日は次回のお楽しみと言う事で…。
 ルマンといえばいわゆる「ルマン式スタート」を思い浮かべる人も居るかと思う。コースの反対側に止めた車に走って行って乗り込み、エンジンをかけてスタートするというアレである。最近では本家ルマン24時間もローリングスタートで行われるくらいで、あまり「はやらない」スタート方式になってしまった。それでもやはりルマンを語る上では欠かせない。今回のようなルマンクラッシックでも「セレモニー」として戦前クラスの車達のみで「正式ルマン」スタートが行われたが、子供達によるミニチュアカーでのルマン式スタートセレモニーも行われる。

f0174521_1411327.jpg

 これに使われるミニチュアカーが実に良く出来ていて、感心すると共に見入ってしまう程だった。
f0174521_1414822.jpg

手前のブガッティっぽい車とか、その後ろの250LM風なんて実に雰囲気が出ている。
f0174521_1421439.jpg

このガルフGT40はイマイチか…
f0174521_1424460.jpg

 このシャパラル2Fなんてけっこうイケてると思う。どのモデルもデフォルメがうまい。センスのある人がまじめに作っている感じがする。こういう出来の良いものを見ると無性に欲しくなってしまうけど、どう考えても乗れないんだし、持っていても仕方ない。こういうものはやはり子供だけのものだから良いんだろうなぁ。
 ルマンの長い歴史の中でも1955年の事故は痛ましいものだった。観客席に飛び込んだ競技車両が数十人の観客を巻き込んでしまったのだ。
何年か前にコース脇のサービスロードにその事故を悼むモニュメントが作られた。
f0174521_23112529.jpg

 しかしここはサービスロードで、オフィシャルやプレスしか見る事の出来ない場所である。一般観客の目に触れる事の無い場所にこのようなモニュメントを作るのもどうかと思うのだが。…ひょっとしてこの壁の裏側の観客席側にもこのようなモニュメントがあるのかも知れない。残念ながら観客席側に行った事が無いので何とも言えないが、今度行った時に確かめてこようと思う。
 ルマンクラッシック期間中サーキット場内には第二次大戦を彷彿とさせる古い兵員輸送車両が巡回している。広大なサーキット内の移動の為のシャトルバス代わりに使われているのだ。主にドライバーなど参加者の為にジープ系の車両が、またVIPの為にはロンドンタクシー(勿論古いタイプ)も走っていた。
f0174521_71854100.jpg

f0174521_719853.jpg

 チームのサービスバンもこういう車
f0174521_7194147.jpg


 このあたりの雰囲気作りは「グッドウッド」などに近い。あちらは劇団員をやとって第二次大戦中のコスプレをさせて場内を徘徊させたりしていた。勿論こちらもコスプレにぬかりは無い。駐車所の奥にはそれらの車両基地があり、さながら野戦陣地のようだった。こちらも楽しんでいる。
f0174521_7201022.jpg

こういう場所で乗ると遊園地の乗り物のようで中々楽しい
f0174521_720312.jpg

サーキットのパドック裏からは一般観客用にアルナージュとかの遠いポイントまでのシャトルバスも運行されていた。こちらもクラシカルな車両が使われていて、いい雰囲気を出している。こういうところまで気を利かせているからイベントが盛り上がるし、楽しめるのだと思う。
f0174521_7211618.jpg


  このイベントもいわゆる「ドレスコード」があり、報道関係者にも事前に

          "No jeans - smart casual"

というお達しが来ていたが、残念ながらそれほど守られているとは自分を含めて思わなかった。これが「グッドウッド」になると報道関係者もツイードのジャケットにパナマ帽をかぶって首から古いライカをぶら下げたりして楽しんでいる姿も見られるのだが、残念ながらここではそんな人は見かけなかった。クラシカルなドレスをお召しの女性もチラホラ見掛けたものの少なかった。このあたりがイギリス人とフランス人のイベントの「楽しみ方」の違いなのかも知れない。
 このイベントは今年で4回目(だったと思う…)の開催になる。最初にこのイベントの話を聞いた時、一般公道部分を使わずにパーマネントのいわゆるブガッティサーキット内のみで行われると勝手に思ってしまい、行く気を無くしてしまった。ルマンの魅力はなんと言ってもユーノディエールやミュルサンヌ、インディアナポリス等の「一般公道部分」にこそあると思っているからだ。たとえ夜間の走行もあるとは言え、パーマネントサーキットのみでは他のイベントと比べてそれほど魅力があるとも思えない。それにこの「ルマンクラッシック」を主催するピーターオートのイベントは、以前「タルガフローリオ」等を取材した経験から言っても、車のセレクションというか、集められる車というのかが、こう言っては何だが「グッドウッド」等に比べるとちょっと落ちるように思う。なんて事もありどうしても見たいイベントとは思えなくて、なんとなくやり過ごしてしまった。しかし、後で聞いたら「一般公道部分」を含むフルコースで行われたと言うではないか。…しまったと思ったがもう遅い。その後はしばらくこのイベントには縁が無くて、今年やっとお話を頂き、ようやく念願かなったって感じだ。
 このイベントは「ルマン」の一般公道部分を含む、フルコースを使って土曜の夕方4時に始めて、翌日の夕方4時に終了という、いわゆる「ルマン24時間レース」と同じスケジュールで、同じコースを走行出来るという、他では考えられない魅力がある。実際、ポルシェコーナーやミュルサンヌコーナーでレンズを構えている時、ポルシェ917Kがファインダーの中に現れた瞬間なぞ、背筋に悪寒が走るのを感じた。「タルガフローリオ」の時もそうだったが、この「ルマンクラッシック」も車のクオリティやセレクションよりもイベントが行われる場所が全て、と言ってもいいと思う。
f0174521_21241484.jpg

泣けるなぁ…
ようやく仕事も一段落したので、滞っていた更新を再開します。
 ネタとしては7月の「ルマンクラッシック」、8月の「シルバーストンヒストリック」、その間の国内ロケ関係を挿んだりします。

まずは「ルマンクラッシック」の取材で訪れたフランスから始めます。写真はおなじみ成田空港第1ターミナル。
f0174521_16183734.jpg

夏休みとあって中々の混雑。機内もほぼ満席。それでも機内ではほとんど寝ていたので目が覚めたらもうこの辺り。
f0174521_16194563.jpg

到着してすぐに車で今回の宿泊地TOURSまで移動。約3時間で到着。車はシトロエンC5。とっても快適。しかも運転はおまかせの後部座席ふんぞりかえり状態とくれば言う事なし
f0174521_16214253.jpg

今回は予算の関係でルマン市内近郊にホテルが取れず、1時間以上離れたTOURSという町に泊まる事になった。ルマンとの往復には3時間はかかる。高速料金(日本よりだいぶ安いが)とガソリン代、それに移動時間を考えると、少々高くてもルマン近郊で宿を探した方が良いと思うなあ。
f0174521_1623118.jpg

ホテルはごく普通のビジネスホテル風。風呂は湯船なし。まあ仕方ないか。ここがこれから3日の拠点になる。
f0174521_1625926.jpg

f0174521_16253424.jpg

夕食は外に出る。なにげに入ったビストロで食べた鳥肉とフレンチフライ。中々イケた。
f0174521_16275651.jpg

さあ、明日は久々のルマンだ。