タグ:その他 ( 77 ) タグの人気記事

f0174521_483133.jpg

暑さにめげながらも何とか生きています。写真は先日の夕景。雲の形が面白かったので。
f0174521_22323089.jpg

 この「ピラミッド・トーク」はたぶん私の手元に来て30年近く経っていると思うが確かな事は憶えていない。何かのイベントの賞品でもらったような気がする。最初は文字盤も無いヘンテコな時計だなあ、くらいに思っていたが、これが使ってみると中々便利で、夜中目が覚めたとき等にこいつの頭を軽く押してやれば「○時○分です」としゃべってくれるので、いちいち電気を点ける事も無くて済む。時計の文字盤を照らす方式やデジタル文字盤が光るものなどがあるが、暗い中で文字盤が光っていて気持ち悪いし、だいたい暗さに慣れた目には眩しくて見づらい。しかしこの「ピラミッド・トーク」ならそんな事は無いので、以来ずっと私の枕元にある。
f0174521_22324925.jpg

 長年の使用?手の油による劣化?プラの塗装なので、こんなものかもしれない。機能には支障は勿論無い。

しかし最近調子が悪いと言うか接触不良で、頭をたたいても無反応な事がママあるようになって来た。以前(7〜8年くらい前か?)も似たような現象が起きたので、バラして接点を清掃したら復活したので、今回もトライする事にした。
f0174521_22393641.jpg

f0174521_22401025.jpg

ひっくり返して底面に収納されている電池室の蓋を外すとねじが2本出てくるので、それを外す。
f0174521_22403278.jpg

外すと金属製のプレートが見える。なぜか2枚。多分、製品の安定性の為のウエイトと思われる。
f0174521_22405638.jpg

その金属製のプレートも外すとスピーカーが出て来る。音声発信の為のスピーカーだろう。これはスピーカー右端にあるワッシャーのついたねじを外してスピーカーをずらしてやればスピーカーを外す事が出来る。
f0174521_22412784.jpg

スピーカーを外すとこんなベークライト基盤みたいなものが見える。これもねじ2本で止まっているので外す。
f0174521_22414696.jpg

外すとこんな感じ。真ん中の赤くて丸いのはゴムで、バネの役割をしている。そのさらに中心にある黒い丸が「導電ゴム」と思われる。ピラミッドの頂点を押すと、この赤いゴムが押されて黒い丸のところが下がって来て、右の基盤のところにくっつく事により通電して音声が流れる仕組みだ。ここの「導電ゴム」が経年変化による劣化などで接触不良を起こしていると思われる。この製品はすでに発売から30年近く経っているので修理は望めないので、対処療法になるが、「導電ゴム」表面と基盤側の両方をアルコールを浸したシルボン紙などで清掃する。とりあえずはこれで導通不良はなくなるのでしばらくは使える。

前回、この修理を施したのは7〜8年くらい前だったと思うが、なぜこんな事をしてまで使いたいと思ったかと言えば、当時これに代わる製品が見当たらなかったからだ。この「ピラミッド・トーク」は発売当時それなりにヒットした製品だったようで、私の持っている割と初期型のDA570Sの後に、ひと回り大きくなった製品が発売されたり、四角い「キュービック・トーク」なんていう製品もあったが、いつのまにかそのどれもが消えていた。いちどこの「音声で時間を知る」便利さを知ってしまうと、いちいち文字盤を見なければならないような時計なぞ枕元に置きたくなくなってしまう。さりとてどこにもこの「ピラミッド・トーク」のように文字盤無しで、頭をたたくとしゃべってくれるというシンプルな製品が見当たらなかった。しかし、接点の清掃を終えてから何気なくネットを見ていたら、何と、あるじゃないか、「ピラミッド・トークが。
2009年11月に電波時計としてリニューアル発売されていた。…と言う事は、私が前回接触不良で修理を思い立ったそのすぐ後くらい?…でもリバイバルされたものをよく見ると初代の小ぶりなものではなく後期型のひと回り大きな製品のようだ。ネットで検索すると¥6,500くらいからある。

…買おうかなぁ。
f0174521_22392035.jpg

 通りすがりに綺麗だったので、なんとなく撮ってみました。
f0174521_2318515.jpg

 上等なレーシングスーツって生地が薄いからサムイんだよねえ。
お疲れ様でした。
f0174521_1714161.jpg

 先日の取材先で出されたお茶菓子はメーカーのエンブレム焼き印が入ったクッキー。まさか社員の方が焼いている訳ではないでしょうけど、こういうものが流行っているんですかね?好きな人にはたまらないかも。
f0174521_1063327.jpg

 岡崎に日帰りでした。行きの東名は雪が降っていましたが、岡崎に着いた頃には雨にかわっていました。
f0174521_1072699.jpg

 そして帰りもずっと雨。沼津を過ぎた辺りから雪まじりになり、裾野の手前でストップ。そこで雪の中で2時間近くピクリとも動かず。その時点で17時少し前。情報によると新東名との合流付近で事故、そして除雪車がいるから、という事らしい。止まっている時間が長かった為にその間に雪が降り積もり、動けなくなる車が続出。我々はスタッドレスタイヤを装着した4輪駆動車だったので、そう言う面では安心でした。
f0174521_1074697.jpg

 立ち往生している車を縫うようにして吹雪の中を激走?東名用賀に降りたのは23時過ぎ。裾野から7時間近くかかった事になる。それでも戻れただけ良かった。
 …そして昨日は雪かきで腰が痛い。
f0174521_2152035.jpg

 …生きております。写真に意味ありません。
f0174521_1838103.jpg

 先日、出先の某ホテルで見かけた朝の光景。
f0174521_1838368.jpg

 話しには聞いた事があります。朝、車の所に行くとタイヤがホイールごと無くなっていて車がブロックに載せられて浮いていた…なんて事が本当にあるんですね。
 幸いにして、と言っては失礼ですが、私の車は狙われるようなホイールでもなかったようで無事でした。被害者の方はホテルのロビーで警察の方に事情聴取の最中でしたが、茫然自失状態に見えました。

 ヤフオク等で検索してみると中古タイヤ付き1セット(G's純正ホイール)6〜7万円で出てるけど、しかし、ひと昔前ならいざ知らず、今時こんなリスクを侵してまで盗むほどのものかい?
f0174521_23344649.jpg

 先日ポストに入っていたのは「世論調査のお願い」。手紙に指定された日に調査員がやってくるので、質問に口頭で答えて欲しいとか。…電話で丁寧にお断りしました。選挙人名簿からランダムに選びました、と言い訳が書いてありましたが、どうしてこんなものばかり選出されてしまうのかなあ?こんなものより宝くじとかに当てて欲しいなあ、と思いました。
f0174521_721955.jpg

 以前、英国に行った時に大英博物館の売店で目にとまり、その時は「帰りに買おうかな?」ぐらいの気持ちでいて、結局買うのを忘れて帰国してしまった「スフィンクスダック」。
 しかし、後ろ髪引かれる思いは日ごとに募り「買っときゃ良かった」と後悔しきり。でもって、しばらくすると知り合いが買って来てくれた。英国ではなく、横浜美術館の売店で売っていたとか。
 この手のラバーダック企画品ってけっこう種類があるらしく、大英博物館でもこの「スフィンクス」以外にも「バイキング」なんかもあった。でも、やっぱりダントツでこの「スフィンクスダック」が良いと思うなあ。
 スフィンクスを気取ったかぶり物とあごの下のひげ、眉毛まで書き足してあり、なぜか前足?まで出している。

 画処理で疲れたりイラついた時にも、能天気な顔でスフィンクスを気取って?戯けているこいつを見ると、ちょっと癒されます。