<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 EF24〜105mm F4.0を気に入って使っているのだが、使用頻度が多いだけにくたびれるのも早く、何度か調整に出しているがそろそろかなあ、という頃合いになって来たように思う今日この頃。新しいEF24〜70mm IS付きのF4.0を借りて撮影してみたが何だかイマイチの印象だった。ちまたで評判の良い24~70mm F2.8はISが無い。やはり私としてはISは欲しい。EF24~105mm F4.0の新品を買い直すか?…今更それはちょっとネエ。という訳で、EF24〜70mmのF2.8とIS付きのF4.0の両方を借りて比べてみようと言う気になった。参考までにEF24〜105mm F4.0も加えてある。
 全てRAWからの現像。周辺光量、色収差、色にじみ、湾曲などの補正は全てオフ。アンシャープはシャープネスに変更してある。設定は3.0。DPP4使用。
f0174521_15322164.jpg

 24mmでの周辺の光量落ちについてはどのレンズも開放では厳しいが、いずれもひとつ絞ってやれば、ほぼ良さげになる。EF24~105mm F4.0はさすがに古いレンズなので比べるのはつらいか。
f0174521_15324981.jpg

 上の画像から画面中心部を100%切り出してみると、EF24~70mm F2.8は開放から良好な印象。以外にEF24~105mm F4.0も頑張っている。いずれもF16ぐらいから回折で甘くなるので、F11半くらいが限度か。EF24~70mm F4.0は全体に甘い印象でコントラストも低い。F22まで絞ると他と比べてかなり甘くなる。画面中心で古いEF24~105mm F4.0と同じかちょっと落ちる、ってのは厳しい。
f0174521_15331532.jpg

 画面上部の切り出し。EF24~70mm F2.8は良好。EF24~70mm F4.0はやはりチョイアマ。EF24~105mm F4.0も頑張っているが、色フリンジが気になる。
f0174521_15334160.jpg

f0174521_15335153.jpg

 上が画面右上、下が画面左下の100%切り出し。やはり画面上部と同じ傾向にある。EF24~105mm F4.0は古いだけあって周辺になるほど甘くなりフリンジも目立つ。F11くらいに絞らないとかなり厳しい印象。EF24~70mm F4.0はさすがにフリンジはよく抑えられているようだ。
f0174521_15341515.jpg

 70mmで新聞の上にスケールを置いた状態を撮影。ライブビューでシビアにピントを確認したのだが、EF24~70mm F4.0は開放ではどこにピントがあるのかよくわからない。画面真ん中の「日本〜」あたりにピントを置いているつもりなのだが、他の2本はスッとピントを合わせられたが、EF24~70mm F4.0だけはピントの芯が掴めない。ひとつ絞ってやればわかりやすくなるので、それでピントを合わせたつもりだが、画像を見るともっと手前にピントがあるように見える。絞り値による焦点移動が結構あるのか?レンズ構成の違い?絞り羽根の場所の違い?しかし開放でこんな状態では、AFセンサーも掴んでくれないんじゃあなかろうか?よくわからないが、以前借りて撮影した時、何だかシャープじゃあ無いと感じたのは、焦点移動によってピントがずれていた可能性もあるのかなあ?

EF24〜70mm F2.8
 いずれを取ってみても高性能。巷の評判も頷ける。ISが無いのが惜しい。
 実売¥200,000前後

EF24~70mm F4.0
 IS付きが魅力だが、性能的には??。中心部のコントラストなどで古いEF24~105mm F4.0とかわらないのではちょっと不満。事実上、開放では使えない。絞り値の焦点移動も気になる。ISを付ける事によっての性能低下がある、って言い訳してるけど、ISありきで設計してる以上そんな言い訳許されるのか?
 実売¥110,000前後

EF24〜105mm F4.0
 発売から10年近く経っている割に健闘している。IS付きが魅力。フリンジなど収差はあるが、DPPなどを使う事によってある程度軽減出来るので、まだ使えるかな?
実売¥120,000前後
 
…さてどうしようかな。
 実は今年もルマンに行っていたのですが、何やらとやる事も多く更新をサボってしまい、グズグズしているうちに帰国してしまいました。ネタ的にもったいないので今更ですがサラリと振り返ります。
f0174521_10272686.jpg

 今回はJALを利用。理由は探した時点では直行便で一番安かったから。コンデジ(Canon S120)用の充電機を忘れた事に気がついて、空港のキタムラで購入。各メーカーの大抵の充電機が品揃えされている事に驚き。私のようなオッチョコチョイが少なからず居るのですね。飛行機は787−8。ブーメラン型の翼先端が素敵。エコノミークラスの座席は2-4-2配列。食事は個人的に濃い目の味付けに感じました。トイレにウオシュレットが付いているのが日本的か?
f0174521_10275653.jpg

 今年のポスターはニッサン。「ポスターに描かれた車は勝てない」っていうジンクスがあるとか?
 公開車検場の記念撮影風景。セキュリティの兄ちゃんが日本びいきらしく「aikido」だの「samurai」だのと話しかけてくる。うるさいので写真を撮って追い払う。イギリスから来た「シルクカット」カラーのジャガー。楽しんでますね。今年は立ち入り禁止場所が増えてしまった。パドックに居たトヨタ風の車。なかなか良く出来ている。
f0174521_10282218.jpg

 …今年は予選、決勝とも夕日、朝日がイマイチ。締まりのない?でもそれなりに楽しめたと思ってます。
f0174521_10284547.jpg

 経費節減の為?今年は料理にトライ。と言ってもスーパーでお肉を購入して焼くだけですが。雌牛の骨付き肉、ひと固まり900gでおよそ19ユーロ×3。これで6人分。付け合わせのラタテュも製作。前菜はトマトとモッツァレラチーズを買って来てカプレーゼを作る。こちらも切って並べるだけ。食後はヤギのチーズでワインをなめる。…とは言え料理をしたのはこれくらいで、あとは出来合いの惣菜を買って来たり外食したり。
f0174521_10291265.jpg

 お世話になっているマルタン家のネコ、シュシュ。そして隣から来る子猫。どちらもフランス語をしゃべらない東洋人を最後まで受け入れてくれず。
 最終日には恒例の肉祭り。お庭で栽培しているアスパラも茹でてくれた。おばあちゃん謹製のアプリコットパイは絶品。
 お土産に持って行った日本酒をテイスティングしてもらったが、評価はイマイチ。…やはり米のお酒は馴染みが無いのか?

お付き合いいただきありがとうございました。
f0174521_22323089.jpg

 この「ピラミッド・トーク」はたぶん私の手元に来て30年近く経っていると思うが確かな事は憶えていない。何かのイベントの賞品でもらったような気がする。最初は文字盤も無いヘンテコな時計だなあ、くらいに思っていたが、これが使ってみると中々便利で、夜中目が覚めたとき等にこいつの頭を軽く押してやれば「○時○分です」としゃべってくれるので、いちいち電気を点ける事も無くて済む。時計の文字盤を照らす方式やデジタル文字盤が光るものなどがあるが、暗い中で文字盤が光っていて気持ち悪いし、だいたい暗さに慣れた目には眩しくて見づらい。しかしこの「ピラミッド・トーク」ならそんな事は無いので、以来ずっと私の枕元にある。
f0174521_22324925.jpg

 長年の使用?手の油による劣化?プラの塗装なので、こんなものかもしれない。機能には支障は勿論無い。

しかし最近調子が悪いと言うか接触不良で、頭をたたいても無反応な事がママあるようになって来た。以前(7〜8年くらい前か?)も似たような現象が起きたので、バラして接点を清掃したら復活したので、今回もトライする事にした。
f0174521_22393641.jpg

f0174521_22401025.jpg

ひっくり返して底面に収納されている電池室の蓋を外すとねじが2本出てくるので、それを外す。
f0174521_22403278.jpg

外すと金属製のプレートが見える。なぜか2枚。多分、製品の安定性の為のウエイトと思われる。
f0174521_22405638.jpg

その金属製のプレートも外すとスピーカーが出て来る。音声発信の為のスピーカーだろう。これはスピーカー右端にあるワッシャーのついたねじを外してスピーカーをずらしてやればスピーカーを外す事が出来る。
f0174521_22412784.jpg

スピーカーを外すとこんなベークライト基盤みたいなものが見える。これもねじ2本で止まっているので外す。
f0174521_22414696.jpg

外すとこんな感じ。真ん中の赤くて丸いのはゴムで、バネの役割をしている。そのさらに中心にある黒い丸が「導電ゴム」と思われる。ピラミッドの頂点を押すと、この赤いゴムが押されて黒い丸のところが下がって来て、右の基盤のところにくっつく事により通電して音声が流れる仕組みだ。ここの「導電ゴム」が経年変化による劣化などで接触不良を起こしていると思われる。この製品はすでに発売から30年近く経っているので修理は望めないので、対処療法になるが、「導電ゴム」表面と基盤側の両方をアルコールを浸したシルボン紙などで清掃する。とりあえずはこれで導通不良はなくなるのでしばらくは使える。

前回、この修理を施したのは7〜8年くらい前だったと思うが、なぜこんな事をしてまで使いたいと思ったかと言えば、当時これに代わる製品が見当たらなかったからだ。この「ピラミッド・トーク」は発売当時それなりにヒットした製品だったようで、私の持っている割と初期型のDA570Sの後に、ひと回り大きくなった製品が発売されたり、四角い「キュービック・トーク」なんていう製品もあったが、いつのまにかそのどれもが消えていた。いちどこの「音声で時間を知る」便利さを知ってしまうと、いちいち文字盤を見なければならないような時計なぞ枕元に置きたくなくなってしまう。さりとてどこにもこの「ピラミッド・トーク」のように文字盤無しで、頭をたたくとしゃべってくれるというシンプルな製品が見当たらなかった。しかし、接点の清掃を終えてから何気なくネットを見ていたら、何と、あるじゃないか、「ピラミッド・トークが。
2009年11月に電波時計としてリニューアル発売されていた。…と言う事は、私が前回接触不良で修理を思い立ったそのすぐ後くらい?…でもリバイバルされたものをよく見ると初代の小ぶりなものではなく後期型のひと回り大きな製品のようだ。ネットで検索すると¥6,500くらいからある。

…買おうかなぁ。