<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

f0174521_21474498.jpg

先日はピットにライティングセットを組んでの撮影。撮影開始時間が遅くなってしまったと言う事もあったが、終了したのは夜の10時半!決して悠長にやってた訳ではないが、そんなにかかるとは思ってもいないメカさん達はブンムクレ状態。…言っておいたでしょ!時間がかかるって。
 翌日の撮影も同じようなスケジュールだったのだが、昼過ぎ頃に先方と身振り手振りで交渉。外人相手の撮影は意思の疎通が難しく、もどかしいところもあるが、昨晩の撮影の様子を聞き及んでいたらしく「10時半は勘弁してくれ」と言う事で開始時間を大幅に早める事が出来て大助かり。…早くビール飲んで寝たい気持ちはこちらも一緒さ。
f0174521_21483947.jpg

f0174521_2149366.jpg

 おかげで期せずしておいしいお酒をいただけました。…ビールではなく「獺祭」と「十四代」をいただく。お勧めの「しらぎく」に届く前に撃沈。次回以降におあずけ? 
f0174521_083086.jpg

 鈴鹿の玄関口のひとつ、近鉄線白子駅から海側に5分程歩いたところにある「勝速日神社(かつはやひじんじゃ)」。モータースポーツにとって縁起良さげな字面が並ぶ事と、「…主神は英邁優秀福耳をもたれた尊で特に勝運に優れ…」ているのだそうで、レース前にお祓いをするチームがあったりファンも訪れている。以前、ネットで知ったものの中々行ける機会が無かったが、鈴鹿出張の昼間に時間が出来たのでちょっと寄って見る事にした。
f0174521_0989.jpg

 こんな絵馬だったりする。
f0174521_094418.jpg

 ファンと思しき人達が沢山奉納している。私も何か書こうかと思ったが、社務所が閉まっていて果たせず。
f0174521_0101159.jpg

 帰り道、白子駅までの道をかえてみたら、路傍に大きな亀が居た。
f0174521_0103421.jpg

 このように台車に載せられた状態で歩道に出してある。干涸びちゃうんじゃないかと心配したが、ミドリガメ等とは違いリクガメは日光浴をさせた方が良いらしい。…でも道端に出しとくのはどうなのかな?
f0174521_22392035.jpg

 通りすがりに綺麗だったので、なんとなく撮ってみました。
f0174521_21575790.jpg

 先日の撮影車両車はやたらと車高が低く、ストロボを車体下に仕込もうと思ったけど、仕込めない。スピードライト600EX-RTのヘッド部はどうにか滑り込ませる事が出来たが、本体部分が入らない。参ったなあ。小型ストロボはあるけど電波式でないとシンクロが難しい場所なので600EX-RTを使いたいんだけどなあ。
f0174521_21581726.jpg

 …さすが?エフワンですね。
f0174521_22571736.jpg

 先日ニコンさんのPF(位相フレネルレンズ)300mmを使わせていただく機会がありました。知識として知ってはいたものの、いざ手にしてみるとその軽さと大きさに驚き。…これで300mmなの?カタログによると重量は755g、全長は147.5mm。って事は70~200mmなんかよりも全長は短いし、24~70mmよりも軽い。これならちょっとポケットに入れておこうかな?って思う。
f0174521_0174649.jpg

 一緒にお借りしたD4Sに装着して構えてみると、軽さに起因する取り回しの良さとホールド感が実に良い感じ。
f0174521_22581632.jpg

ボケは独特の感じ。なだらかに溶けてゆく、と言うような感じではなくちょっとガサついた印象。
f0174521_22591227.jpg

開放でも中々シャープ。
NIKON D4s AF-S NIKKOR300mm F4E PF ED VR
1/800 絞り開放 

さて、PF(位相フレネル)レンズが最も苦手とする光源などが入り込んだ場合のリング状フレアがどんなものなのか知りたくて、意地悪く逆光で狙ってみた。
f0174521_230690.jpg

f0174521_2303648.jpg

やはりこのようなフレアが出て来るが、画面全体にフレアがまわってコントラスト低下を招くかと想像していたが、それ程影響は無いように思えた。
NIKON D4s AF-S NIKKOR300mm F4E PF ED VR
1/250 絞りf5.6
f0174521_2311282.jpg
f0174521_2311840.jpg

順光でもPFの特徴的なリング状のフレアは発生する場合がある。
NIKON D4s AF-S NIKKOR300mm F4E PF ED VR
1/500 絞りf6.3
f0174521_21503821.jpg

f0174521_2151621.jpg

 こちらはCanonですがEF70〜200mmで似たような条件で撮影したもの。まあ、こんだけ強い反射なら通常のレンズでもフレアは出ますね。
Canon EOS-1DX EF70〜200mm F2.8 IS 2 USM
1/500 絞りf6.3

このレンズについてはPF独特のフレアをどう考えるか?によると思う。太陽など光源を入れ込むような場合はそう多くないからあまり気にしない、という考え方もあるだろう。車の場合だと逆光での撮影も多いしヘッドライトのように光源を入れ込まざる得ない場合もあって、使い方を考えなくてはならないかもしれない。ニコン純正の「Capture NX-D」にはPFフレアの軽減機能があり、フレアを完全に除去出来る訳ではないが、条件があえばかなり軽減出来るようだ。
何より軽くて小さくてシャープ、という事を考えると、かなり魅力的なレンズだと思いました。
f0174521_133890.jpg

 今更なのですが先日EF16~35mm/F4L IS USMについてお話をうかがえたので備忘録として。

Q:なぜ16~35mm/F4L IS USMにはSWCコーティングを実装しなかったのか?F4の安価なレンズだから使えなかったのか?
A:設計段階からフレアーやゴーストの対策は考えており、試作を重ねてみてどうしても取りきれないものが出てきてしまったものに対してSWCなどで対処することになる。仮にうまく設計が出来て製品化するにあたってSWCを実装せずとも目標となる設計値が達成できていたとすれば、無理にSWCを使う必要は無い。

Q:SWCは量産が難しい?
A:作るにあたって量産するのは難しい。つまり製品の値段に跳ね返ってくる。

Q:将来発表されるかもしれない16~35mm/F2.8ではF4.0との差別化もありSWCが使われる?
A:レンズ設計にある程度余裕を持たせてやって、目標値をクリア出来れば無理にSWCを使う必要は無い。しかし開放F値をあげると設計的に難しい面も出てくる(レンズの口径の巨大化など)ので、SWCを使わざるを得ない面も考えられる。そういった場合、F2.8は元の値段をある程度高く設定できるので、SWCを使って少々高くなったとしてもお客さんに納得してもらえる。F4でSWCが使われていてF2.8でSWCが使われていない、というのは多分ありえない。F2.8になれば(設計は飛躍的に難しくなるから)性能を出す為にはSWCを使わなければ難しい。F4だからSWCは使われなくてF2.8だからSWCが使われる、というマーケティング的な理由でははない。

Q:フッ素コートがあると無いでは、無い方が良いと聞いたが?
A:確かにフッ素コートがある事によって若干性能は落ちるかもしれないが、フッ素コートありき、で設計しており、フッ素コートがあるから性能が落ちる、というのは許されないのでその分は見越した上で性能は出している。

…エンジニアの方は理論的なお話で納得いたしました。