<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新しいMacBook Pro OS10.10ヨセミテを使いはじめて戸惑った事がある。フォルダーの色がどぎつい蛍光色になったとかフラットデザインが??って事はまあ、気に入らないけど「そんなものか」と諦めている。そういう事よりも何だか理解に苦しむ現象に悩まされたのである。
f0174521_051111.jpg

今回私が試した、上の赤い方がエレコムMR3-K005RD、下の青い方がナカバヤシ Digio CRW-38M56。いずれもUSB3.0のマルチカードリーダーライター。接続コードが本体に収納出来るマルチカードリーダーライター製品という事で選んでいる。どちらもMac OS対応だったのは偶然、って言うか、USBなんて規格品だし、Mac OSもウインドウズもあんまり関係ないはず。取り立ててMac OSを唄う必要があるのかしら?実売1,500円前後。

撮影したデーターをコピーする為にCFカードやSDカードなどを上の2つのUSB3.0のカードリーダーどちらを使ってもMacBook Proに繋ぐといきなり「iPhoto」が立ち上がってくる。まあ、以前のOSから一番最初はそういう事になるので、「iPhoto」は終了させて「イメージキャプチャ」から「割り当てなし」を選んでやれば、その後は「iPhoto」は立ち上がらなくなる
f0174521_05547.jpg

 …はずだと思っていたら、これが新しくした私のMacBook Pro OS10.10ヨセミテではカードごとに設定してやらねばならないのか、手持ちの別のカード(CF、SDの区別なく)をさす度に「イメージキャプチャ」から設定する羽目になった。なんだこりゃ。しかも、さらにこれがカードリーダーを変えてしまうと、またもや「iPhoto」が立ち上がってくる。その度に「イメージキャプチャ」から全てのカードごとに設定し直しをする事になる。MacBook Pro 本体にあるSDカードリーダーでも同じ。どうしても、なにが何でも「iPhoto」などのアプリから読み込ませたいみたいだ。
 私としては、たかがデーターの読み込みにアプリケーションの助けを借りる必要があるのか?それって便利なのか?って思う。 何度設定し直しても立ち上がって来る「iPhoto」に怒りを憶えて、どうせ使っていないしと「iPhoto」を削除してみたら、今度はカードをマウントするのにやたらと時間がかかるようになってしまった。何らかの設定があり「iPhoto」とヒモ付けされていて、探しに行っているのかもしれない。あれれ「iPhoto」が居ない、どこにも居ないぞ、どうしたらいいんだ?って感じ?
 しかし、これでカードを読み込ませようとすると「iPhoto」が立ち上がる不快さから解放されるのだから良しとするか、って、安心していたら、しばらくして今度はカードがマウントされなくなってしまった???コントローラーがおかしくなってしまったのだろうか?カードリーダーのアクセスランプは点滅したまましばらくすると消灯してしまいカードのマウントを諦めてしまう??? 
f0174521_062613.jpg

 …試しにカードリーダーを他のものに変えたら普通にカードがマウントされた。って事はこのUSB3.0のカードリーダーが原因?それとも不安定なだけかなのか??
f0174521_065381.jpg

Digio CRW-38M56はCFカードだけでなく、XDピクチャーカード、マイクロSDの3種類のカードは裏向きに差し込まねばならないという変わった仕様。まあ、こんなところは慣れれば良い事なので問題は無い。
f0174521_07082.jpg

 確かにどちらの説明書にも「MacOS対応」って書いてあったけど、対応って「iPhoto」なんかのアプリが自動的に立ち上がるような設定になっていてMacとの「連携」があります、って事なのか?…だとしたらお節介にも程がある。(私には)そんなものイラネェ!

 何度か試しているとカードはどうにかマウントしてくれるものの、今度は「iPhoto」ではなく「イメージキャプチャー」そのものが立ち上がって来た。さっき設定して「割り当てアプリケーション無し」にしておいたはずなのに、今度は「イメージキャプチャ」が読み込みアプリケーションのところに設定されている、おかしいなあ。…???
首を傾げながら「イメージキャプチャ」を再度「割り当てアプリケーション無し」に設定を変えてから終了。finder画面からフォルダーを開いていってファイルを選んで、MacBook Pro側のフォルダーにドラッグアンドドロップするという昔ながらのやり方をするのだが、その時フォルダー内の画像をコマンド+Aで全選択してドラッグアンドドロップさせるとコピー中とは出るけどいつまでたってもコピーが始まらない。
f0174521_073025.jpg

  フォルダーごとコピーしようとしてもダメ…フォルダー内の数枚を選んでコピーさせてみるとそれは出来たりする…??? 500枚くらいのファイルを選択してコピーさせると大丈夫な場合もあるし、ダメな場合もある。何だか不安定な感じ。…なぜ???
 とにかくCFカードやSDカードのデーターに関しては何が何でも「イメージキャプチャ」や「iPhoto」などのアプリを使わないといけないようにOS側にも何らかの設定が書き込まれていてるのかも知れない?試しに他の人のMacBook Proでこのカードリーダーを使ってもらうと「iPhoto」は立ち上がらずに普通にマウントされるし、カードのコピーも出来る。10.6スノーレパードでも、10.7ライオンでも、10.8マウンテンライオンでも、10.9マーベリックでも、はたまた10.10ヨセミテでも私以外のMacBook Proでは「iPhoto」は立ち上がらない。勿論ウインドウズでも問題なく使えるが、何故か私のMacBook Proでだけ「iPhoto」が強制的に立ち上がる。なぜだ???

 画像データー取り込み作業に関してアプリに頼るのはどうしても気が進まない。なによりアプリを通すことによって何かに「ヒモ付け」されてしまうような気がして気持ち悪い。もうここまでくるとCFカードなどのデータのコピーには意地でもアプリは使いたくないので、残っているであろう怪しげな設定項目は全て捨てる(…出来る人ならターミナルからコマンドラインで初期設定を書き替えられたりするのかも知れないけど、そんなスキルは持ち合わせていないので)べく「preference」から「iPhoto」と「イメージキャプチャ」の初期設定を容赦なく捨てて再起動。そうして件のUSB3.0のカードリーダーを繋ぐと、最初カードのマウントに少し時間がかかったが(3~5秒ほど)データーのコピーに不安定な感じは無くなり、その後はカードもすぐにマウントされるようになり、コピーも普通に出来る。1,000枚単位のファイルを全選択してコピーしてもオーケー。やった!これで今まで通りの事が出来る。Mac側に「iPhoto」と「イメージキャプチャ」の初期設定が無くなればカードリーダー側で同期したくてやりようがないのだろう。ザマアミロ。
 …その後、カードリーダーを試させてもらったMacBook Pro OS10.10ヨセミテ環境の人は10.9マーベリックからのアップデートだという事がわかった。と、言う事はアップデート版にはこの初期設定が書き込まれていないと考えられる。アップデート版の10.10ヨセミテには例えば「Pages」などは入っておらず、製品版にしか入っていないなどの差別化が計られているということで、試させてもらった人のMacBook Proには確かに「Pages」は入っていなかった。今回悩まされた「イメージキャプチャ」や「iPhoto」の初期設定もおそらく製品バンドル版のみに書かれている「おまけ機能」なのかと想像出来る。…確かめてないけど。
 …とすると「iPhoto」本体を削除するまでの事は無く、関連する初期設定だけ削除すれば良かったかな?…と2秒くらい後悔したけどすぐに思い直した。未だかつて「iPhoto」って使った事も無かったし、これから先も使う事はたぶん無いだろうし、なによりアップルは「iPhoto」の開発はやめて「写真」とか言う他のアプリに移行するって言っていたしね。「iPhoto」なんてイラネェヤ。
 
 …しかしまったくアメ公って奴はしょうもないアプリを作っちゃあ「便利だぞ使え」って押し付けてきやがる。カードを繋げば自動的にアプリが立ち上がってくれますよ、コピー先を設定しておけばワンクリックですよ、クラウドでSNSなんかに素早くアップ出来ますよ、って感じか?一度それに慣れさせてしまえばそこから離れられなくなる。強制的にでも体験させて、便利さをアピールして取り込んで囲い込みをしようとしているのだろう。ヤダネェ。まあ、そうやって便利な?機能を考えて提供していかないと新しいものを買ってくれないからだろう。

 100歩譲ってそういう機能があっても良いけど、それならユーザー側で初期設定出来るようにして欲しいものだ。便利?な機能を「おせっかい」と感じる私のような人間もいる訳だし。そういう事も出来ますよ、でいいんだと思うんだけどなあ。
 カメラのオート機構と同じで、便利かもしれないけどおせっかいな面もある。露出補正では対応出来ないような場合だってある。AFが苦手な場面だってある。やりたいことが明確な場合、マニュアルで設定した方が早い場合も多いし何より確実だ。オートで色々と補正データーを入れるのに大変な苦労するなんて本末転倒だと思う。

 アプリを売って商売している人達はユーザーの利便性の名の下に色々なアプリを考えてくる。そんな人達の商売の為にユーザーは定期的にOSやアプリを新しくしなければならないのか?確かに便利な機能もあるのだろうけど私から見ると今回の「イメージキャプチャ」設定みたいな「お節介機能」ばかりで、供給側の「売るため」更新、っていう感じがある。迷惑この上ない。5~6年は更新なぞしなくて良い。安定して動いてくれる方が優先で、新機能なんてそれ程欲しいとは思わない…でもそれじゃあ売る側は儲からないので、あれこれ考えて便利な(お節介な)?機能を追加してきてユーザーに買わせようとしているようにしか思えない。

…10.10ヨセミテって、ネット上でも何かと評判良くないみたいだけど、私も嫌いになりました。現状仕方ないから使いますけどね。
 先日、撮影中にポールが倒れて来て画面を突いてしまい、あえなく(液晶が)ご臨終となったコア2デュオのMacBook Pro。幸い?ご臨終となったのは液晶パネルだけで、HD等には影響は及んでいないようで外部モニターを繋いでやれば良い事がわかりモニターを借りて、取りあえずその場の撮影は何とかこなす事は出来たが、すぐに次の仕事がせまっている。まあ、どうせ買い替えるつもりではあったので、これを機会に新しいMacBook Proを購入する事にした。…そう言えば前回は車上荒らしににあって買い替えを余儀なくされたんだっけなあ。何だか嫌な感じの買い替え更新が続くなあ。あれが2010年3月、鈴鹿の開幕戦の時だった。今回も同じ春。私にとって春は鬼門なのか?
f0174521_2221084.jpg

 次の撮影に間に合わせる為に、余計なカスタマイズはせず「吊るし」の状態で15インチの2.5GHzをアップルケアをつけて購入。Photoshopなど必要なアプリをインストールしてやって、ようやく以前のように使える環境になって、後は仕事を待つばかりとなったにも関わらず、一向に仕事の連絡が無い。…あれれ、と思っていたらしばらくして仕事はキャンセルになってしまった。…なんだ、これならカスタマイズしても良かったなあ、と後悔しても後の祭り。…まあ吊るしでも問題ないしイイカナ。
f0174521_2224017.jpg

 しかし、OS10.10ヨセミテってネット等ではあんまり評判よくないけど、私もあのどぎついフォルダーのブルーはどうにかならんもんかと思う。フラットデザインはまあiPadで慣れているけど、使い始めて時間が経っているにもかかわらずあのフォルダーの色にはまだなじめない。…あの色って綺麗なのか?
 
 私の使用環境ではOSに依存する機能ってほとんど使わないので、新しいOSがリリースされたからといってすぐさまアップデートして新しい機能を楽しむ、って事はあんまり考えない。新OSの発表と同時にすぐさま上げたところで仕事で使う写真関係のアプリなどが新しいOSに対応するのは少し先になるし、安定するまで細かくアップデートさせてくるのですぐにはOSを上げたりはしない。なので、ご臨終とあいなったコア2デュオのMacBook Proも10.6スノーレパードのまま使っていて、特に問題は感じなかった。まあキャノン製のDPP4がOS10.8以降でないと動かないので主にモバイル用のコア2デュオのMacBook Proでは使っていなかったくらいか。出先でDPP4が使えないからと言っても3があるし、出先でどうしてもDPP4を使わなければならない場面もなかったので困らなかった、というのもあるが。自宅のMac Proは10.9なのでそちらではDPP4は使っている。でも10.10ヨセミテにするつもりは当分無い。必要を感じないから。たぶん使っているアプリの方で10.9を切り捨てられて使えなくならない限りOSは上げる事は考えないと思う。クラウドも積極的に使いたいと思っていない。Photoshopなどはクラウド環境になってしまったので「仕方なく」使っている、っていう状況。自分が使っているMac全てを同期したいと思った事は無い。便利だと言う人も居るが、現状私には理解出来ない。
 「Time Machine」とかも皆さん使っているようだし、便利だという人も多い。けれど私は懐疑的な目で見ている。こまめにバックアップをするというのを習慣付ける事はすばらしいと思うけど、結局アプリのアクチベーションや初期設定をイチからやり直さなければならない場合があるなどの話も聞いているし「Time Machine」を使わずとも、こまめにメンテナンスしてデーターをバックアップしてやれば良いので私は使っていない。…アプリを信用していないって事もあるしに自動的にやらせる、っていう発想が無い。インストールは「クリーン・インストール」が基本。上書きはしない、って言うのが私の方針なので、今回もイチからインストール。メールのデーター等は手動で移行させた。
f0174521_2232247.jpg

 さて、液晶パネルの死んだ「コア2デュオのMacBook Pro」をどうしましょうかね?直して使うか?
取りあえずはネットで液晶パネルの修理を探してみたら、今時は結構Mac関係の修理屋さも色々あって「液晶パネル交換最短1日」なんてところもあったりする。試しに型番を告げて聞いてみると「在庫はあるので1日で修理可能です。朝、お持ち頂ければ夕方お渡し出来ます。料金は4万円弱」という事だったが、さて、どうしようかなあ。
f0174521_9122223.jpg

 先日はあの人のガレージにお邪魔する。久しぶりだけど変わってないなあ。…変わらないのが良いところなんでしょうけど。
f0174521_9133011.jpg

 週末は鈴鹿でした。雨を心配してたけど晴れましたね。それにしても山本部長、かわいそうだったなあ。
f0174521_9142637.jpg

 そして先週末からずっとUSB3.0のこいつに悩まされてました。今は解決しましたが。詳細は後日。
f0174521_2349164.jpg
f0174521_23492522.jpg

 朝はまだ雨だったのに、9時過ぎには雪になった13日の軽井沢。予報は雨だったような気がするが、まあ仕方ない。こんな日は気持ちで負けそうになる。
f0174521_23495164.jpg

 道路に積もるような事は無かったので無事東京に帰り着けました。
by hidenobu_02 | 2015-04-13 23:54 | | Comments(0)
f0174521_21455260.jpg

 撮影中に外れたポールが画面を直撃。本体側に影響は無く、モニターを繋いで撮影を続ける事が出来たのは幸い?だった。
…エイプリールフールのネタじゃないですよ。