<   2015年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先日キヤノンから1D-Xの改善・修正ファームウエア(Ver 2.0.7)の案内が送られて来た。改善内容を見ていて

 長秒時(1秒よりも遅い)でAEBの連続撮影を行った場合、 AEBが正常に動作しないことがある現象を修正しました。
f0174521_1202548.jpg

 という項目に喜んだ。

 私は1D-X購入当初からカメラのカスタム撮影モード設定C2に「2秒セルフタイマー、ミラーアップ、AEB連続撮影」というのを設定している(この機能はフィルム時代からあり、私はEOS-5辺りから使っている)。三脚を使ってHDR画像を作る場合等に、2秒セルフタイマーとミラーアップを併用する事でレリーズを使わずともブレを気にせずしかも自動で連続段階露光してくれるので重宝しているのだが、長秒露光になった場合(1秒以上など)AEB作動時にエラーが出てカメラがフリーズしてしまう現象に悩まされた。
f0174521_122918.jpg

 ミラーアップさせるのが悪いのか、それとも何か他の原因があるのかわからないが、とりあえずはミラーアップ動作設定を「する」ではなく「する(SETでミラーダウン)」にすれば「2秒セルフタイマー、ミラーアップ、AEB連続撮影」という組み合わせで撮影してもカメラがフリーズしない事がわかったので、そちらに設定して使っていた。このモードで撮影する度に、動作終了後はミラーが上がりっ放しのままになるので、さて次はとばかりにファインダーを覗くとミラーは上がったままなので真っ暗で何も見えない。ああ、そうか、とばかりにSETボタンを押してミラーを下げてやるのだが、その度に「何とかならないものか」と思っていた。
 1D-Xは今まで何度かファームアップはあったものの、その件については触れられた事は無い。…こういう組み合わせで使う人は少ないのかな?と思っていた。
 しかし今回のファームアップ(Ver 2.0.7)では、悩んでいた(それほどでもないが)長秒露光時のAEB連続撮影時にカメラがフリーズしてしまう現象がようやく修正された、という。
f0174521_1223147.jpg

 という事はミラーアップ設定を「する(SETでミラーダウン)」にせずとも「する」に設定してあってもカメラがフリーズしなくなるように修正されたものとばかり思って喜び勇んでVer 2.0.7にファームアップしてみたら、これが何と驚いた事にミラーアップ動作設定を「する(SETでミラーダウン)」にしないと連続してシャッターが落ちない仕様になっていた。つまりミラーアップ動作設定を「する」ではAEBを設定してあっても自動で連続的にシャッターが落ちない。1枚1枚シャッターボタンを押してやらなければならない。…!!!!
 実は7DMk-2も同じような仕様で、カメラのインターバルタイマーを使って撮影する場合は「ミラーアップ撮影は出来ません」と書いてある(説明書252ページ上段)
 これには参った。さて明日からどうしよう。1D-XでHDR撮影する為(だけ)にレリーズを持ち歩くか?7DMk-2の為に「タイマーリモートコントローラーTC-80N3」を買おうかとも考えていたので、それでも良いかとも考えた。…7DMk-2はともかく、1D-Xの方は、いっその事、前のVer 2.0.3に戻す方法は無いものか?とか思っていたものが、ひょっとして、と思ってミラーアップの設定を「する(SETでミラーダウン)」にしてやれば今まで通り「2秒セルフタイマー、ミラーアップ、AEB連続撮影」が可能な事が分かり、ホッと胸を撫で下ろした。

  …まてよ、それってさあ、「AEB連続撮影」で長秒露光になった場合(1秒以上などで)ミラーアップ動作設定を「する」に設定するとカメラが何らかの問題でエラーするので、その場合はAEBを設定されていても連続撮影出来ないようにしただけ、って事かい?…確かにこの項目は「改善」ではなく「修正」となっている。
 キヤノンさんとしても「AEB連続撮影」で長秒露光になった場合に起こるフリーズ現象について文句は来ているので対処しなければならなくなった。しかしその現象を根本から直すには大変な手間と労力とお金がかかる(のかな?)それならAEB連続撮影出来ないようにしちまえばフリーズしなくなるじゃん、それなら簡単だぞ、あんまりお金かからないし、って考えたのかな?

 もし「AEB連続撮影出来なくなったじゃないか」と文句が出た場合は、ミラーアップ動作設定を「する」ではなく「する(SETでミラーダウン)」にすればAEB連続撮影出来ますよ、って言い訳すれば良い、…って事なんだろうなあ。カメラ動作の問題を根本から解決したのではなく、「とりあえずの対処」って感じの手抜き感は否めないなあ。がっかり。
f0174521_15371036.jpg

 先日、iPadのChromeブラウザを何気なく更新してバージョン40.0になったら、起動してタブを開かない状態の画面が、こんな感じ。以前のバージョンだったら、ただのグレー画面(と思う)だったのに、こんな風にデザイン画みたくしてきやがった。最初、カーネルパニックでも起きたのかと思い、ドキッとしました。
 なんだこりゃあ?デザイン学校の学生さんだってもうちっとマシなモノを描くんじゃなかろうか?と言ったら失礼でしょうか?
f0174521_22431639.jpg

私にとってそのひとつが餃子。そんな時は蒲田へゆきます。金春本店
f0174521_22435669.jpg

蒲田には羽根つき餃子のお店は「你好」、「歓迎」などたくさんありますが、個人的にはここん家の羽根つき餃子が好みです。
f0174521_2246738.jpg

羽根を上にしてひっくりかえってよくわからないので、横から。
f0174521_22473239.jpg

調子に乗って蒸し餃子も食べてみる。満足しました。
f0174521_22481960.jpg

 映画で話題になった岬の喫茶店に行ってきました。この喫茶店の存在は以前から知ってはいたのですが、まさかこの店が映画のロケ地だとは。だって見た目が違い過ぎ。実際は…。
 天気が良かったのと季節の関係でまさに逆光でよくわかりませんね。
f0174521_22504786.jpg

 休みの日だったせいかサユリスト世代の方達でお店はほぼ満席。恥ずかしいカップでコーヒーをいただきました。
f0174521_21464750.jpg

 年明けには気になっていた車の取材があった。秘密主義のチームで、当時は現場でも、また取材であっても中身を見せてくれない車だったので今回、楽しみにしていた。およそ17年ぶりに当時隠されていた部分を見たものの、隠したかったところは何なのか、素人レベルでは皆目見当がつかなかった。見る人が見ればわかるのかな?
…最近はイベント等でも細部を見せているらしいですね。
f0174521_221940100.jpg

 そして、テールランプに使われているこの部品、どの車からの流用なのかと思って良く見るとメーカー純正品ではなさそう。Rubbolite?ランブレッタ?イタリアの原チャリ?…いや違うな…ルボライトかな?表記を頼りに検索してみると、どうやらトラック等のランプを作っているメーカーの、いちブランドらしい。…すでに欠品のようですが。
 こういう物って一応そのメーカーの何かの車種のものを流用したりするものだと思っていましたが、全くそう言う事を気にかけずに欲しい部品を探したんですかね。トラック用みたいだけど軽かったりするのかな?それとも形だけで選んだのかな?…とにかく長年の疑問のひとつが解消されました。