<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

f0174521_23415992.jpg

 以前、EOS-1DXでAiサーボ撮影時測に測距点が光ってくれないのをファームアップとかで何とかしてくれないだろうか、という話しを書いた事があったが、私と同じような要望が随分あったようで、先日ファームアップがあり、ようやく「AiサーボAF」設定時に任意選択している測距点を赤く光らせる事が出来るようになった。
f0174521_23462572.jpg

f0174521_23463985.jpg

 「ファインダー情報」のところを 「自動」にして「AIサーボ時の照明」を「する」にしておけば、明るい環境もしくは測距点が明るいもののところになった場合は測距点は点滅しなくなる。
 …けれど、光るには光るけれどもなぜか点滅なのだ。どうして点滅なの?すなおに点灯ではなぜダメなの?
  本日は暗い部屋の中でのインタビュー撮影という現場だったので、早速試す機会に恵まれた格好だ。従来だと暗い中や黒っぽいものに測距点をもってきたりすると黒い測距点がなじんでしまい、測距点を把握するのに神経を使わされたが、新しいファームで測距点が点滅とはいえ光ってくれるので、測距点の位置を掴みや すくなった。最初は測距点がチカチカするのがうっとおしく感じられたが、慣れるに従って気にならなくなった。本日のようなインタビュー撮影とかなら、測距点の点滅でもそれほど支障は無いが、これが被写体が動いているものの場合はどうだろう? 測距点を目印にカメラを振るような場合、点滅はチト辛い。EOS-1DXの場合、測距点を光らせてしまうと露出計が影響を受けてしまう…現在のファインダーでは難しい…という話しをさんざん聞かされたが、今回このようにファームアップで点滅とはいえ対応して来た事はありがたい。…けれどなぜ点滅?

 じつはもうひとつありがたかったのはAEB撮影時に頻繁に出ていた「Err70」。特にスローシャッターでAEBを使う場合等に多かったように思うが、ここの修正もありがたかった。
f0174521_2501085.jpg

 不注意からバッテリーを上げてしまい、暫く放っておいたデルタのバッテリーを交換する事にした。
f0174521_250497.jpg

 いままでは何となくBOSCH製(S-4Cもしくは54459など)を使っていたが、今回は互換品番を検索してACDelco製(27-44)のものにする事にした。理由は、こちらの方が安価であった事もあるが、全体の寸法が2~15mmくらい小さくなるからだ。特に高さが15mmも低くなるのは大きい。
f0174521_2513130.jpg

 今まで使っていた型番だとマイナス側端子をボディのフェンダー側の隙間に滑り込ませるようにしなければ固定が出来ない。いかにマイナス側とは言え、見る度に気持ち悪かった。バッテリーを交換する際には、バッテリーサポートを外し、バッテリー本体をずらしてフェンダーの隙間から引っ張りだしてからでないと端子のネジを緩める事も出来ない。今回バッテリーを交換する事になって互換製品を色々調べていたところ、外形寸法が少し小さいものがある事に気がつき、あの隙間が少しでも広がるなら、そうしたいと思ってのチョイスである。…今まで使っていたBOSCH製のものよりも容量は減りますが、まあ許容範囲であろうとの判断です。
f0174521_2515032.jpg

 サイドのフェンダーのところに若干だが余裕が生まれた。これでも工具を使える程では無いけれど、まあ以前のようなギリギリよりも気分的にもマシか。
f0174521_252975.jpg

 バッテリー固定に使うパーツをイワセさんのところで作ってもらった。金属プレートに穴を開けただけなんですがね。
ちょっと幅が狭いけどコッチの方が全然良い。何しろ純正はプラスチック!…たいした締め付けトルクはかからないとは言え、こんなところにプラのパーツ使うか?ご覧のように真ん中からポッキリ。…少しでも軽くしたかったんだろうけどねえ、今までに3個交換しており、たまりかねて金属で作ってもらった。

 ACDelcoは多くの自動車メーカーで純正採用されているサプライヤーなので信用してますけど、どのくらい寿命があるのかな?今まで使っていたBOSCH製はだましだまし、何とか4~5年使えたけど。…まあ、こういうものは使い方にも左右されるものですから、何とも言えませんけど、長持ちして欲しいです。
f0174521_8465865.jpg

実家にある樫の木。
f0174521_8471612.jpg
f0174521_8473123.jpg

何年か前にこの樫に雷が落ちて、こんな姿になってしまいました。幹の中心を雷が通ったようで、中心部はすっかり焦げてしまっています。こんな姿になってしまっても、この木は死んでいなかったようで、ご覧のように青々とした葉を茂らせています。今回の台風を心配していましたが、風は強かったものの、速度が速かったせいか無事持ちこたえてくれました。長い時間強風に煽られていたら危なかったかもしれません。
 この樫の木は、昨年鬼籍に入った私の父が戦争に行く前に植えた?と言うような話しを聞いたような気が?します。もしその通りだとすると、樹齢は70年くらいか?こういう雷が落ちた木の事を「霹靂(へきれき)木」と言うんだそうですね。「青天の霹靂(へきれき)」の「へきれき」だそうです。昔はこういう霹靂木をつかって「数珠」や「仏像」を作ったとか? でもこの木じゃあ、中心部が焦げてしまっていて仏像に出来そうなところがあんまり残っていなそう…。「数珠」くらいなら、何とか作れそうですが。
 今回の台風は持ちこたえてくれたけど、この先どうなるかわからない。切り倒してしまうべきか?悩んでいます。