<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

f0174521_1895073.jpg

 先日はアガイ商事さんのセミナーに参加して来ました。普段あまり使わない機材にも触れられて楽しかったです。
f0174521_18101111.jpg

 …しかし私は持参したカラーメーターを床に落としてしまい、今日になってもショックから立ち直れないでいる。さんざんサービスセンターに通って調整してもらい、このタイプとしてはこれが限界です、と担当から泣きが入るくらいまでやってもらった想い出深いメーター。…それを床に落っことしてしまうなんて。
戻ってからメーターの値とカラーチャートを撮ってソフトなどで値比べると、以前のデーターとほぼ同じなので、まあ良かったかと。

 まだ、ショックを引きずってます。
f0174521_17481481.jpg

 所用で秋葉原へ。お昼前に用事は済んだので、近くの「山本屋総本家」に行く。
f0174521_1750591.jpg

 たまに食べたくなる名古屋フード。私は暑い時に「熱いもの」をいただく派です。
f0174521_17503336.jpg

 ついでのついでに?電気街にも行って、HDを購入。作業用のHDは何ともなくとも3〜4年くらいで交換するようにしています。
f0174521_1050454.jpg
f0174521_10501889.jpg
f0174521_10502857.jpg

ちょっとホテルの周りをお散歩。聞く所によると安全な所と危ない所の境目辺りらしい。ちょっと緊張。
f0174521_1051499.jpg

ケンタッキー、マック、カルフール、ハーゲンダッツ。何でもありますね。
f0174521_10512586.jpg

子供達
f0174521_10514496.jpg

こんな古いトラックがまだ現役で使われているようだった。
f0174521_1052735.jpg

セパンサーキットから見る夕陽。南国は夕陽が綺麗。
f0174521_10522836.jpg

夜はホテル近くの屋台村みたいな所へ。
f0174521_10525215.jpg

バクテー、焼きそば、ケチャップライスみたいなもの、魚に甘辛の焼き味噌みたいなものをつけたものなど。…お味は…少なくとも日本人の好みとはほど遠いかと。
f0174521_10531580.jpg

ホテル前に出ている「サテ」の屋台。現地の若い女性なども食べているが、我々日本人グループには不評。
f0174521_10534280.jpg

帰りにセブンイレブンで買い物。
f0174521_1054936.jpg

本日の夜食と朝ご飯を購入。
f0174521_10543314.jpg

カップ麺の箸?フォーク?をもらい損ねたと思っていたら、中に入っていた。お味は同梱されている辛い奴を入れなければまあまあいい感じでした。こちらの食べ物は辛さでごまかす傾向にあるのかな。
f0174521_10545325.jpg

こちらはおやつに買ったもの。チョコ大福とクロレッツ。チョコ大福はまあまあ。
f0174521_4332383.jpg

 今回の宿はクアラルンプール近郊のSanway Pyramid というところ。名前のとおり入り口はこんな風になっている。
f0174521_4335378.jpg

f0174521_4341158.jpg

f0174521_4342552.jpg

 プールなどのリゾートにショッピングモールが併設されている。モールにはスケートリンクがあった。ジャスコもあればダイソーもスタバもある。
f0174521_4345714.jpg

 部屋のトイレに備え付けられていたもの。ウオシュレット?確かにお湯は出るが、お湯の勢いが強い上にバルブが固く、水量の調整が難しい。モールの公共トイレにも備わっていたので、この国ではこれが常識なのか。
f0174521_4352436.jpg

 Sanwayのイメージキャラクター?アヒル?河童? ピラミッドは関係無いの?
f0174521_4354488.jpg

 セパンサーキット。…F1もやるサーキットだけに設備は素晴らしいけど。ランオフエリアが無駄に広くて撮影意欲が…。カンカン照りでないだけ体力的には救われたが。
f0174521_436268.jpg

 夜はタクシーでチャイナタウンへ。この国ではぼったくりの白タクも多く、またタクシーといえどもあんまりメーターを使わず交渉次第で値段が変わる。正規のタクシースタンドでチケットを買えば安心出来る。チャイナタウンまで27リンギット。1リンギットは27円くらい。
f0174521_4363317.jpg

f0174521_4364487.jpg

 中々良い雰囲気。
f0174521_4371162.jpg

 怪しげなものも…って怪しげな物しか無い?値段交渉も楽しみのうち。
f0174521_4373769.jpg

 食事は、まあ当たり障りの無さそうなものばかり頼んでしまいました。
f0174521_5405213.jpg

今回はパリに1泊。パリ市内でちょっと道に迷う。指のあたりがリパブリック広場。年に一度では中々道を憶えないなあ。
f0174521_5414846.jpg

 ホテルに到着して車を止めるスペースが…無いなあ。
 それでもどうにか隙間を見つけて止める事が出来た。このあたりはチケットを買うと2時間まで駐車可。
f0174521_5422917.jpg

 タバコ屋などでプリペイドカードを買って、販売機で駐車券を購入する。現金が使える販売機はほとんどない。 カードは12ユーロ。15分単位で購入可能。ちなみに夜7時から翌朝9時までは駐車禁止場所でない限り違反は取られない。
f0174521_5434393.jpg

 パリ市内の移動は地下鉄の方が便利だと思う。LAMARCK駅。ちなみに道路だけでなく電車も右側通行なので、ホームで待っていると感覚的に反対から電車がやってくる感じがする。
f0174521_5441128.jpg

f0174521_5442676.jpg

 ちょっとだけ観光気分でこんな所へ。夕方なのにすごい人。エレベーターの運転手?はなにやら電子書籍に夢中。
f0174521_5445633.jpg

 そして、前回風邪気味で味がほとんどわからず悔しい思いをしたクスクスをリベンジ。羊や鳥肉の盛り合わせを頼む。17.50ユーロ。野菜スープをかけたクスクスはお腹の中で膨れるので食べた量よりもお腹がいっぱいになる。満足しました。
Restaurant La Gazelle 24, Rue Damrémont, Paris 75018
f0174521_5452762.jpg

 そしてまた飛行機に
f0174521_546252.jpg

 今回はすぐに日本に帰らず、週末はマレーシア。
f0174521_5462996.jpg

 セパンサーキットのピット裏。私は初めてです。以前来た頃はまだここにサーキットは無く、もっとクアラルンプールに近いところにあった「シャーラムサーキット」しかありませんでした。そこも今は住宅地になっているらしいですが。
f0174521_5465365.jpg

 タクシーの運転手「ナザン」氏。この国ではタクシー運転手はインド系が多いらしい。
f0174521_5473268.jpg

 ナザン氏のタクシー車内。各国のコインがディスプレイされている。アジア中東系のコインが多かった。
f0174521_5475639.jpg

 ナザン氏の車の他にもタクシーに乗ったが、どの車も皆、窓を開けずドアを開けてチケットをもらっていた。別段パワーウインドウが壊れている訳でもなさそうなのに。ナザン氏の車に至ってはパワーウインドウですらない。これがマレーシア流なのか?
f0174521_1019012.jpg

ちょっと感傷に浸ってます。
f0174521_10193724.jpg

 決勝日の夕食はいつものミュルサンヌのお店で、ソーセージ定食。酔っぱらいイギリス人に囲まれて食べる。
f0174521_10201057.jpg

 翌朝の新聞。隅の方に写ってるかな?
f0174521_10204036.jpg

 早朝もミュルサンヌのパン屋さんで朝食。クロワッサン2個にコーヒーがついて3ユーロ。クロワッサンは大きくておいしいし、6時半からやっているのがありがたいが、コーヒーがインスタントなのがイマイチ。
f0174521_1021970.jpg

 ベストのポケットに入っていたもの。表彰式の時の金色テープ吹雪の一枚。
f0174521_10214145.jpg

 レースの翌日、インディアナポリスの事故現場に行ってみる。アウディ2号車の残骸。あらかた回収されたものの、このように小さな物は残っていた。後ろに見えるバリアの支柱がひん曲がっているのが事故の衝撃を物語っている。
f0174521_10221559.jpg

 第2シケインになだれ込んで記念写真に興じるカメラマン3人。と、それを撮る私。
f0174521_10231525.jpg

 今回のアシ、ゴルフのディーゼル。良い車ですね。

 ルマンのレースハイライトはACOのサイトで見る事が出来ます。お好きな方はどうぞ。序盤の事故現場には私もチョッコっと映ってました。
f0174521_836489.jpg

 お世話になっているお宅のママさん御用達のパン屋さん。カルフールの隣にある。ここで何度か夜食等を調達する。フランスパンに生ハムとトマトが挟まったサンドイッチが2.3ユーロぐらい。この時期はルマンウイークなので、ちょっと高めか。ルマンのスケジュールは水、木の予選で2回づつの走行があり、夜の7時から1回目が始まって(ちなみに日暮れは9時半くらい)途中1時間のインターバルを挟んで終了は夜中の12時をまわる。インターバルの間には次の撮影場所への移動があるのでゆったりお店に入って食事をとる時間がない。おのずと移動先に車を止めてパンをかじる事が多い。さすがママさんお勧めだけあってここのパンはおいしい。
f0174521_8372264.jpg

 夜中にこんなものを食べたら…。チキンのサンドイッチは3.20ユーロ、ストロベリーのタルトが1.5ユーロ。
ヨロヨロと宿に戻ってデーターを整理して、結局この晩ベットに入ったのは明け方の4時。ルマンはいつもこんなもの。
食べ物写真ばかりになるとどうかと思うので。

More
  しばらくルマンのネタで引っ張ろうかと。
f0174521_6333855.jpg

 昨年もお世話になったマルタンさん家では、前回とは違う2階の屋根裏部屋のようなところに通されました。ここをひとりでつかわせてもらいました。
f0174521_635183.jpg

中々広いバスルーム。背中側にはシャワーブースもある。
f0174521_63645.jpg

朝、ママに洗濯をお願いして帰ってきたら作業スペースに洗濯物がきれいにたたんで置いてあった。アイロンまでかかっていて恐縮してしまう。…こっちの洗剤は中々良い香りがしますが、ちょっと香りがきついかな?慣れましたが。
f0174521_639953.jpg

本日はママの50歳の誕生日。お祝いに駆けつけた親戚一同で乾杯。記録係は我々日本人。カメラマンはいっぱい居ますから。
f0174521_6404387.jpg

 ここん家の台所を預かるおばあちゃん。毎朝オムレツを作ってくれる。卵料理は火加減が大事ですよね。
f0174521_6412074.jpg

 バーベキュー担当のパパさん。バーベキューで肉を焼くのはお父さんというのは万国共通みたい。
f0174521_642572.jpg

 おばあちゃんのアップルパイ。おいしそう。
f0174521_6424477.jpg

 ろうそくを消すママさん。隣は娘のオードリー。…ここん家は皆、恰幅が良いけど、食べる量を目の当たりにして納得。何たって食べる量が違います。結構がんばって食べたつもりですが、我々日本人は惨敗。家族達に比べてあまり食べない我々に肉焼き担当のパパさんは不満顔でした。…すいません。
f0174521_922282.jpg

 今年もルマンが終わってしまいました。24時間って、長いようで短く感じます。この時間にはあそこに行きたい、…あっちにも行きたい。太陽が出てきたからこっちも良いかな、って具合に身体が2、3欲しくなる。昨今はカメラの感度を上げられるから夜でもある程度撮影が出来るので休む暇も無い。
…撮り足りない。来年こそは…、そして来年も?

いつまで続けられるかな。