<   2010年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

f0174521_20194589.jpg

 遅ればせながらPHOTO NEXT2010に行ってきました。…しかし、このポスターって、どうよ?
きっと頭の良いデザイナーさんが考えたんだろうけど、私にはこのポスターからプロフェッショナルというイメージもフォトビジネスというイメージも連想出来なかったなあ。きっと私には想像力が欠けているのだろう。
f0174521_202043.jpg

 セミナー会場でクリップオンストロボに怪しげな傘を付けて写真を撮っている人を発見。

 今回は(個人的に)興味あるものが見つけられなかった。買い物はしたけど。
f0174521_5111247.jpg

 フィルム時代からずっと「シャッターストローク」はこだわって調整してもらっている。私の周りを見ても「動くもの」を狙うスポーツ系の方は皆さんこだわって調整している方が多い。カメラのコマ速が早くなり秒間8とか10コマが当たり前になっても、動態予測AFが進化して歩留まりが上がろうとも、やはり「シャッターストローク」は譲れない。シャッターを落としたい「瞬間」があるからだ。ダダダっと連続でシャッターを切っても、欲しかったちょうど良い瞬間が無い、なんて事はけっこうあったりする。やはりいちばん欲しい「瞬間」に思い通りにシャッターを落とせるようにしたい。慣れればイイじゃん、という声も聞こえてきそうですが、シャッターストロークが長いと咄嗟の時にシャッターが落とせないように思います。それに、ずっとシャッターストロークを詰めたボディを使って来たので、そっちに身体が馴染んでいるってのもあります。
 実はEOSになった時に、買ったまんまの「シャッターストローク」で慣れてみようと暫く使ってみましたが、やはり咄嗟の時シャッターを押せずにイライラが募るばかりだったので、やはり「シャッターストローク」を詰めて使う事にして、今に至っています。
 諸先輩も「シャッターストローク」に拘っている方は多く「雨粒が落ちて来ただけでシャッターが落ちる」とか「ボディを強く握りしめただけでシャッターが落ちる」なんて伝説があるくらいまで調整している人もいます。…私はそれ程まで追い込んでませんが。
 シャッターボタンは2段階になっていて、シャッターを押し始めて露出計が動き始める(設定によってはAFも動き始める)ところを第1ストローク。そこからさらに押し込んでシャッターが落ちるところを第2ストロークと言います。私は第1ストロークをまず短く詰めてもらいますが、そこから第2ストロークになってシャッターが落ちるところで「待てる」ところがほしいのです。ストロークは短く詰めた状態で。…難しいですよね。 
 プロサービスにはこの手の「シャッターストローク調整」のスペシャリストも居て、名指しでその人に頼んだりしますが、その人が他の部署に移動になったりすると困った事になります。技術者によってもやり方が違うらしく中々以前と同じ感覚にならない。「シャッターストローク調整」の経験があまりない技術者にとってはこっちの要望を伝えても何がナンだがわからないみたいで、何度も調整をやり直すはめになる。
 我々の求める「シャッターストローク」は通常の状態を逸脱しており、もはや「壊れている」のレベルであるとプロサービスの人に聞いた事があります。なるほど、修理でボディをサービスセンターに預ける時に「シャッターストロークはいじらないで下さい」と言わないと、せっかく調整した「シャッターストローク」が購入時の新品状態になって戻ってくる事がありましたがそういう事だったんですね。
 今回、Mk-4の調整はその「シャッターストローク調整未経験」の新人さんと一緒にやる事になり都合3回再調整。その前の別の人を含めると計5回。でも、これで憶えてくれたろうから、これからは安心して調整に出せるぞ。
 Norwich(ノリッジ)の街に出かけて夕食。歴史のある街だそうだが、今回はほとんど見る事が出来なかった。…まあ、仕事の時はいつもそうなのだが。いつかじっくり歩いてみたいなあ。
f0174521_23415259.jpg

f0174521_2342315.jpg

f0174521_2344280.jpg

こういういかにもな店も飽きてきたので
 
f0174521_012556.jpg

すぐ隣のFUSIONという中華にして見ました。青島ビール、酸辣湯、揚州炒飯、海老の辛味フリッターみたいなもの、茄子と肉の炒め物、デザートにココナッツアイス(カチカチに固まって食べ難かった)、中々おいしかったです。結局2回行きました。お店のおねえさんに憶えてもらったが、カメラを向けるとイヤイヤをしてこちらを向いてくれなかった。

 今回はイギリス上陸の日にGX200が壊れてしまい、スナップがあまり撮れなかったのが残念だった。Mk−4を持って街中歩くのもちょっとねえ。
 スネッタートンで行われたLOTUS FESTIVALの模様です。すでに先週末の事で、今更な感は否めませんが、まあ、一応。
f0174521_2239069.jpg

 長々とご覧いただきありがとうございます。
f0174521_18581773.jpg

 これからヒースロー→シャルルドゴール→ミュンヘンと乗り継いで日本に戻ります。チケットの関係でこのようなルートになってしまったのがチト辛い。乗り継ぎの合間のシャルルドゴールでちょっとインターネット。30分で2.90ユーロ也。
f0174521_7551416.jpg

 今回のアシはスコダのオクタビアワゴン。こっちはこのクラスになると例外無くディーゼル。そしてMT。中身はひとつ前のパサート?そこそこ走ります。
f0174521_7563739.jpg

 トーマスに会えました。COLIN VALLEY RAILWAY
f0174521_75834100.jpg

 子供達は大喜びみたいだけど、こんなキャラ居たっけか?
f0174521_7592840.jpg

 近所のおばさん家のホームメードっぽいチョコレートケーキは見た目は悪いが、おいしかった。そしてバナナと並んで「みかん」があるのに驚いた。日本から輸入してる? それともヨーロッパで栽培してるのかな?
f0174521_802443.jpg

f0174521_811775.jpg

f0174521_815998.jpg

f0174521_823728.jpg

f0174521_832024.jpg
f0174521_83555.jpg

f0174521_843914.jpg

 お昼はWYMONDHAMという街のGreen Dragonというパブに入る。イングランドで3番目に古く、創業は15世紀中頃だそうだ。この店で頼んだのは「バングアンドマッシュ」。ソーセージ&マッシュポテトの事を英国ではそういう名前で呼ぶらしい。パブなどにはたいていある英国の定番メニュー。ポテトとソーセージの間にはグリーンアスパラが挟まっている。上に乗っているのは揚げたタマネギ。ノーフォーク風をうたうここん家のソーセージはハーブ等が練りこまれているようで、おいしかった。
f0174521_9481332.jpg

 シャルルドゴール空港近くのホテルに宿泊。空港の近くとは思えないような畑の真ん中にある。空港から乗ったタクシーさえも電話で道を尋ねていたくらいの町外れ。当然周りには何も無いので夕食はこのホテルで済ませる事に。
f0174521_9493941.jpg

f0174521_9502115.jpg

 ここのホテルには「LA BOUCHERIE」というステーキチェーンが入っているようだった。食欲もあまり無いのでこんなメニューにしてみる。
f0174521_9522954.jpg

 お肉が沢山載ったサラダ。お皿に添えた手で想像いただけるようにボリュームがあるので、十分おなかいっぱい。
f0174521_9534585.jpg

 翌朝、空港に向かう高速で見たもの。よくこれで高速道路に乗るなあ。
f0174521_955965.jpg

 シャルルドゴール空港のお店でこんなものを売っていた。「ハローパンダ」って、のは知らなかった。
f0174521_956814.jpg

 そして、ドーバーを渡ってみました。
f0174521_9565899.jpg

 テムズ川の河口付近をうろついて
f0174521_958242.jpg

f0174521_959317.jpg

f0174521_9595154.jpg

 本日はここのお宿に飛び込む。ひと部屋45ポンド。
f0174521_1014976.jpg

 そして、愛用のGX200が壊れてしまった。レンズが収納出来ない状態で、撮影モードにも出来ない。ジージーと音がしてレンズが繰り出したり収納しようとしたりの繰り返し。こういう物って、どうして出先で壊れるのかなぁ。
f0174521_2334794.jpg

 今回は1週間民宿のようなところにお世話になった。5ユーロで朝食を出してくれる。こんな感じでこれにフランスパンがつく。
f0174521_2353287.jpg

 さすが、本場のフランスパンはおいしい。小麦粉が違うのか、口の中で溶けるような食感がたまらない。
f0174521_236446.jpg

 3日目からはチョコチップのパンも並ぶようになった。バターはこのような固まりで出される。ジャムはこの家の自家製で庭にある木いちご?で作られている。とてもおいしい。
f0174521_2373659.jpg

 写真ではわかりにくいが、コーヒーカップがやたらでかい。最初テーブルに用意されているのを見た時は、このカップにシリアルを入れるのかと思ったくらい。このカップにコーヒーとミルクををなみなみと注がれた時はちょっと目を疑った。スタバのグランデサイズより多いかも?2〜3日したら慣れて何とも思わなくなった。
f0174521_2401146.jpg

 毎朝この家のおばあさんがオムレツを作ってくれるのだが、これがでかい!。これでひとり分。いったい卵をいくつ使ってるのかな?
f0174521_2414094.jpg

 キッチンでオムレツを作ってくれているおばあさん。奥がおかあさん。オムレツ専用の楕円形フライパンを使っている。コンロからはみ出さんばかりに大きい。
f0174521_2425158.jpg

 キッチン風景、食後。
f0174521_2441255.jpg

 マルタン家3世代が揃っての昼食風景。お世話になりました。
f0174521_8542047.jpg

 ワールドカップ、日本カメルーン戦がフランスのテレビ局でもやっていた。マダムに頼んでテレビで観戦。勝ってよかった〜。
 ルマンが終わってしまいました。今年も例年と同じような写真ばかりだったなあ。…来年こそは、って来年も来るのか?
f0174521_7535392.jpg

 来年も来たいなぁ〜。