<   2010年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

f0174521_11235021.jpg

 飛行機からの眺め。地上は凍てつくロシアのどこか(たぶん)。
f0174521_11242569.jpg

 この機体のシートはレカロ製、さすがドイツの航空会社だけあります。個人的な好みからすると、ちょっとクッションが固すぎるのだが。車のシートじゃないんだから、こんなに固い必要があるのだろうかと思う。
f0174521_11271564.jpg

 経由地で乗り継ぎを待つあいだアンドロイドを見ると、通信キャリアがこちらの事業者に変わった事を示す表示になったが、時間の同期にはしばらくかかった。まだ、日本時間のまま。
f0174521_11283469.jpg

そしてまた飛行機に乗り込む。今度の機体は737。
f0174521_11291536.jpg

到着前に飛行機から見えたタワーブリッジ。ロンドンの街中を縦断してゆく飛行コースのようだ。
f0174521_11301297.jpg

 ヒースローで荷物を受け取ってみるとスーツケースのバックルの閉まりが悪くなっていた。とりあえずガムテでとめておく。10年も使っているので仕方ないか。帰ったら修理に出さねば。

 続く
f0174521_2046529.jpg

 昨日、予備の方の電池を充電器に差し込んだところ、キャリブレーションの赤いランプが点灯。購入して1年半ほどになるだろうか。明日から出張だが、これは良い前兆だと思う事にした。
f0174521_09794.jpg

 先日、うららかな日差しに誘われて船旅を楽しんできました。と言ってもわずか40分のプチ船旅ですが。
f0174521_094397.jpg

f0174521_01006.jpg
f0174521_0101124.jpg

f0174521_0102055.jpg

 帰りには向こうの船に乗船した。
f0174521_0104226.jpg

 ロウバイ(蝋梅?)を始めて間近で見たような気がする。確かに花弁がロウのような質感だが、色はロウと言うにはだいぶ黄色いか。良い香りがする。
f0174521_0111299.jpg

f0174521_011225.jpg

 水仙も咲いていました。木漏れ日に浮かぶ水仙が綺麗だった。
f0174521_011536.jpg

 里山の風景を楽しめました。
f0174521_2385019.jpg

 先日、スクーターのスタンドを上げ下ろしする時に何か違和感があった。以前、取材車両(CBX-1000)のスタンドが錆びていて、またがった瞬間に折れて立ちゴケして、肘を剥離骨折したのを思い出し、おそるおそるスタンドを点検してみる。すると、2本あるセンタースタンドの取り付けボルトが脱落しているのを発見した。幸い脱落した直後だったようで、足下にボルトが落ちているのを見つけた。すぐにCRCで洗浄してもとの所に締め直そうとしたけど徐々に緩んで来る時に斜めになってネジ山がなめてしまっているようで締め込めない。新品のボルトをバイク屋に頼んだらパーツが欠品だそうで、しばらく待たされそう。

  今回は立ちゴケせずに済んだので良かった。
by hidenobu_02 | 2010-01-26 23:10 | | Comments(0)
 一昨日は水戸泊まり。時間的に余裕があったので夜、市内の「そば屋めぐり」を2軒程。
f0174521_84323100.jpg

 そば「一久」さんは高速から市内に向かうバイパスからちょっと入った辺りにある。喫茶店風?店構え。板敷きに素足で上がる形式になっている。
f0174521_8435838.jpg
f0174521_844528.jpg

 天そばをいただく。蕎麦はいい感じ。出汁は濃いめだが、個人的な好みからするとちょっと甘めに感じた。…天ぷらは??? タマネギの輪切りの天ぷらはちょっとなあ。薬味のネギがこんもりと盛られているのにも驚いた。
f0174521_8443996.jpg

 もう一軒水戸市内の「みかわ」さんに行ってみたが、お休みのようだったので、「そばの実」さんへ行く事に。こちらも中々大きな店構えでそば屋というより日本料理屋さんと言った風情か。
f0174521_8451557.jpg

f0174521_8452953.jpg

 こちらでは「焼き鴨せいろ」をいただく。こちらも蕎麦はいい感じ。出汁はちょっと濃いめ。焼き鴨は火の通し加減も良く香ばしいけど、もう少し焼いて欲しいかも。
f0174521_8455711.jpg

 翌日はもてぎで仕事を済ませて帰りがてら笠間の蕎麦屋を訪ねてみる。
f0174521_8462494.jpg

 ナビを頼りに細い道をたどって行くと、本当にこっちで良いのかと思う頃に看板が出ていてどうにか辿り着く。手打ちそば「いそやま」さんは、表通りからかなり入ったところに店を構えていてお客さんは来るのだろうかと人ごとながら心配したくなるけど、伺ったお昼時にはほぼ満席なのに驚いた。
f0174521_8465241.jpg

f0174521_8471100.jpg

 普通の御宅の客間に通されたような店内でいただいたのは「天そば」。いくら「笠間焼」をアピールしたいからって言っても、陶器の皿にそばを盛るスタイルは個人的にあまり好みではないなあ。しかし、大盛りでもないのに量が多いのは嬉しい。蕎麦はいい感じ。出汁は…???あんまり好きじゃないかな。蕎麦だけでなく「天ぷら」もおいしいという口コミだったので、天そばにしてみたが、…???天ぷらは私には合わなかった。そば湯はわざわざそば粉を溶いて作るポタージュ系のものだが、これもあまり好きじゃない。喫煙可なのもポイント低いかな。

茨城の蕎麦屋さんは奥が深い?
 歯医者に通っている。治療中の歯からだろうけど、薬剤がしみ出しているようでどうにも口の中が薬臭い。そのせいか食欲もわいてこない。

 本日の歯医者の行き帰りのお散歩写真。このところ寒い日が続いているせいか日陰には霜柱が残っていた。
f0174521_17232266.jpg

f0174521_17233796.jpg

f0174521_17235357.jpg

 日だまりでは鳩達が文字通り「鳩首協議」の真っ最中?
カメラを構えて近寄って行ったら会議を中断してこちらに眼タレてきました。…他人に聞かれたくない内容だったようですね。失礼しました。

あと数日は薬臭いのを我慢するしかない。
f0174521_21101244.jpg

 先日撮影した車両は1965年製で、実走行距離なんと14,000Km。現在日本に残っているコンテッサとしては屈指のコンディションと言えるのではないか?
ドアの内張に残るビニールまで当時のまま。取り説まで含めて、欠品パーツ無し。勿論オリジナルペイント。まさにタイムマシーンに乗ってやって来たかのような車だった。

 以前撮影したスカイラインスポーツもそうだったけど、この車をデザインしたミケロッティさんは「すごい人」だったんだと改めて思わされた。子供の頃はこの車の「カッコ良さ」がわからなかったなあ。
by hidenobu_02 | 2010-01-15 21:11 | | Comments(2)
f0174521_206931.jpg

 歯医者に行く道すがら撮った写真。塀に開いている格子状の隙間から顔をのぞかせている笹が美しかった。

 歯医者には、あと数回通わねばならないようだ。

…どうも「お散歩写真」苦手だなぁ。才能が無いかも。
 先日、ピーナッツをかじっていたら、左奥歯の間に何か挟まったような感触が舌に伝わって来ました。すると…。
 写真を見たい方は、ちょっとお見苦しい写真なので覚悟して下さい。

見苦しい写真
Mk-3(Dsですが)とMk-4の比較です。ISO100~200ではほとんど違いはわからないと言えます。しかし、AWB(オートホワイトバランス)の精度が上がったようで、Mk-3で見られるようなオレンジ系の色かぶりがMk-4ではほとんど気にならないレベルになっています。どちらもレンズは24~105mm、絞りはf5.6。ピクチャースタイルは「スタンダード」。
Mk-3、Mk-4共に「高感度撮影時のノイズ低減しない」に設定した画像で比べています。
f0174521_15262042.jpg


ISO100
ほとんど違いはわからない。カラータイマーの所を見ると、Mk-4の方が細かいところまで解像しているような気がする。気のせいか?
f0174521_15344546.jpg
f0174521_15361217.jpg


ISO200
ほとんど違いはわからない。
f0174521_15373399.jpg

f0174521_15374943.jpg


ISO400
このあたりからMk-3では若干ですが色ノイズが気になりだします。
f0174521_15382970.jpg

f0174521_15384140.jpg


ISO800
どちらも赤いストライプにノイズが載ってきます。銀色の部分ではMk-3の方ははっきりと輝度、そして色ノイズがわかります。MK-4はまだ何とかいけてます。
f0174521_15392011.jpg

f0174521_15393565.jpg


ISO1600
Mk-3とMk-4の差がつきだします。Mk-3は銀色の部分にかなり偽色が浮き出しました。赤いストライプのところにも輝度ノイズが浮き出しています。Mk-3のISO1600よりもMk-4のISO3200の方がボケも少なく解像感があり偽色も少ない。
f0174521_15401436.jpg

f0174521_15402371.jpg


ISO3200
Mk-3の方は感度拡張しているのでかなりひどい事になっています。Mk-4の方はまだいけそうな感じ。Mk-3のISO1600のE「高感度ノイズ低減しない」に近いが、解像感はMk-4の方があるように感じる。Mk-3の方が輝度ノイズのぼかし量が多い為、ぼやけて見える。DIGICによる処理の違いか?

f0174521_15413032.jpg

f0174521_15414044.jpg


Mk-3(Dsですが)とMk-4の画素数の違いを考えれば、Mk-4が解像感で負けていないのは立派だと思います。
 今までMk-3でISO800にまで上げようなんて考えた事が無かったのでSO1600くらいまでは何とかなりそうな絵を吐き出してくれる事にはちょっと驚きました。ちょっとMk−3を見直しました。でもMk-3はAWBがイマイチ、というかMk-4のAWBが進化したんでしょうね。