<   2009年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

f0174521_5582040.jpg

f0174521_5584376.jpg

 岡山国際サーキットにいます。窓際に席も確保出来ました。
f0174521_559329.jpg

 サーキットから宿泊地に戻る途中にある「手打ち蕎麦処森下」というお蕎麦屋さんに寄ってみる。閉店間際に飛び込んだのにも関わらず快く受け入れていただいた。陶器の皿にそばを盛るのは個人的に好きではないけど、そばはおいしかった。つけ汁にちょっと特徴があるように感じた。醤油が違うのかな?関東近県あたりの店とは違うテイスト。

 おいしいそばを食べられたので明日からもがんばります。
 

f0174521_22233685.jpg

 先日23日頃、アンドロイドのシステムのアップデーターが発表されたというのを知って、さっそくやろうと思って、手動でシステムのアップデートを試みたのだが「お使いのシステムは最新のものです」という表示が出てしまい、アップデートが出来ない。時間をおいて何度か試みては見たもののどうしても出来ない。仕方なく放っておいたら、先日いきなりアップデート出来ますとのアラートが出て、出先で電波状況があまり良くないターミナル駅のベンチではあったがシステムのアップデートは無事完了した。有料のウイジェットなどの購入等が出来るようになったらしい。
f0174521_22252382.jpg

 ファームが1.5から1.6に変わり、気持ち動作が早くなったような?気もするけど気のせいかもしれない。
f0174521_23281149.jpg

 夏の間エアコンの効きが悪いのを何とかする為ヒーターコックを閉じっぱなしにしてあったのだが、このところめっきり冷え込むようになってきてエアコンを使う事も少なくなってきたので元に戻してもらうのと、ついでに車検もあって大雨の中デルタをイワセさんのところに持ち込む。
f0174521_23283026.jpg

 数ヶ月前からイワセさんのところに居着いた?子猫。野良が迷い込んできたらしいのだが、追い出すのもしのびなく、そのまま居着いてしまっている。迷い込んできたときは本当に小さくて怯えていたが、だいぶ落ち着いてきたようだ。
f0174521_23294686.jpg

 トラ縞が薄いのは子猫だからかな? ちなみに里親募集中だそうです。
 今回はストロボについて。
 
f0174521_01479.jpg

左がNikon純正Speed Light SB-900、右がCanon 純正Speed Light 580EX2。
 以前からNikon純正のストロボはCanonのそれに比べてチャージが早かったり、外部調光が出来たりと多機能で、端から見ていてうらやましい限りだった。Canon も外部調光モードが選べるようになったのは580EX2になってからやっとの事だ。 SB-900はストロボの同調に関しても、他のストロボに反応するスレーブモードがあり、チャージを確認出来る音を鳴らせる事が出来たりもする。また、連続発光させた時チューブ等を守る為の温度センサーがあり、発光が中止される機能までもあって(この機能をカットさせるモードもあり)、実に多機能なのに驚かされた。
 ワイヤレス多灯撮影のモードもメインスイッチの所の切り替えスイッチになっていて解り易い。旧型580EXは切り替えスイッチだったから良かったが、580EX2ではボタン長押しによる呼び出しになってしまったので設定が煩わしくてイライラする。
f0174521_0143320.jpg

オートパワーオフ機能で待機している状態ではこのように「STBY」と表示されるのは良いと思いました。ちなみにCanonはスタンバイ状態の時は何も表示されないので、スタンバイ状態なのか電源が切れているのかは、カメラのどこかのボタンを触ってスタンバイ状態から復帰させてみないと電源が入っているのかどうかは分かりません。
f0174521_0145415.jpg

カメラからストロボ本体を離して使う場合キャノンではST-E2を使うが、Nikonでこれに当たるものがCommander SU-800だ。TTLオートで手元から離れたストロボを制御出来る。このCommander SU-800の優れている所はCanonと違ってマニュアル発光を制御できる所だろう。これはCanonユーザーから見ればうらやましい限りだ。
f0174521_0152222.jpg

ご覧のように中々コンパクトで好感が持てるのだが、残念ながらリモート受光部がCanonのST-E2と同じく前方にしかない。しかもCommander SU-800自体は角度の変更が出来ない。このあたりはCanon ST-E2でも同じなのだが、受光部をもっと横方向にも広げるとか、角度を変えられるようには出来ないだろうか?室内ならば椅子の陰とかに置いても発光してくれるが、カメラの後にストロボをセットした時や、ほんの少しの角度で発光が不安定になったりする事があり、ここは改善を望みたい。
 私の周りのNikonユーザー(5人くらい)に聞いてみると、ほぼ全員がCommander SU-800の存在自体知らないと言っていたのには驚かされた。Nikonのストロボが以前からスレーブ機能や外部調光機能を持っていたせいで、Commander SU-800を使わなくとも他の大型ストロボ等との併用に困らないという事が原因のようだ。Canon純正ストロボの場合、純正ストロボとの組み合わせ、もしくはST-E2を使用しない限り同調が不可能(最近やっと同調出来る無線同調機も他メーカーから発売されたが)だったせいか、ST-E2に頼らざるを得なかったので、今回NikonさんにCommander SU-800もいっしょに借りたのだが、友人のNikonユーザー(当然プロですよ)の多くが使っていないのはもったいないと思う。純正ストロボが多機能であるが故に招いた結果?
f0174521_0154036.jpg

普段使っているST-E2も角度を変えられないので、Nissin製のユニバーサルコードSC-01とエツミの自由雲台を使って角度を変えられるようにしているのだが、改めてユニバーサルコードSC-01の説明書を見ると「Canon、Nikonなどの各メーカーのストロボに対応」と書いてあったので試しにCommander SU-800を付けてみたら問題なく動作した。勿論、機能に制限は無い。Nissinすごい!
 Commander SU-800とCanon ST-E2でストロボとの通信可能距離を比べてみた所、 SU-800はST-E2の半分くらいの距離しか届かないようだった。これはCommander SU-800が元々マクロ撮影のアクセサリーとして作られたという背景があるかもしれない。もう少し通信距離が延びてくれるとありがたいのだが。
f0174521_016326.jpg

今回、出先でNikonのストロボをアンブレラホルダーに取り付けようとしたが、取り付けが出来なくて焦った事があった。いくつかある手持ちのアンブレラホルダーを試したところ、PHOTOFLEX製のものならば問題なく取り付けが出来る事がわかった。
f0174521_0162285.jpg

普段Canon製の純正ストロボを取り付ける時にも、妙に「きつい」ものとそうでないものがあるのは気が付いていたのだが、取り付けが出来ないアンブレラホルダーがあるとは思わなかった。アンブレラホルダー側の取り付け部を比べて見るとストロボの取り付け足が滑り込む隙間が違うようだ。
f0174521_016401.jpg

左がPHOTOFLEX製、右が…すいませんメーカー忘れました。日本製だったと思いますが。この2つのアンブレラホルダーのストロボの取り付け部分を比べて見ると若干だが隙間に違いがあるように見えるが、それ程変わらないとも言える。
f0174521_0165899.jpg

ストロボの取り付け足の部分を比べて見ると、スタンド側の溝に滑り込む隙間はほぼ同じながら、締め付け方法の違いからくるものなのか、Canon580EX2の方はピンのようなものが飛び出しているのがわかる。このピンは指で押してみるとバネ仕掛けで引っ込むようになっている。Nikon純正SB-800の方はピン等は無く、きっちりとしていて剛性がありそうに見える。Canon580EX2の方はこのピンが引っ込む事によってある程度余裕が生まれるせいで、隙間が狭くとも取り付けが出来るのだろうが、その分剛性が無いとも言える。Nikon SB-800の方がカメラに取り付けた時の剛性感はあるだろうが、アンブレラホルダー等に取り付ける場合は機種を選ぶようだ。Canonの場合旧型580やそれ以前のモデルのようなネジの締め込み方式ならばアンブレラホルダーに取り付ける時に問題はなさそう。

 ちょっと話がおかしな方向に行ってしまいましたが、アンブレラホルダーの事はストロボの性能にはあまり関係ないのであしからず。

 あと気になったのはストロボを装着した状態でズームリングを廻すと、ストロボ側が焦点距離に合わせて照射角を調整しているようなのだが、その作動音がうるさい。ズームリングの動きに合わせてキューキューって感じの高い音するのだが、もう少し静かに仕事して欲しいものだ。どうでも良いって言えばそれまでなのだが。

 今回使ってみて個人的にはNikon純正ストロボの方が機能が沢山あってチャージも早いし(どちらのストロボにもエネループを入れています)全般的にCanon純正ストロボよりも優れていると感じました。
f0174521_20374358.jpg

 発表会のお知らせをいただいた。Canon は1DMk-4の発表会を10月28日に、NikonはD3sの発表会を10月30〜31日に(いずれも東京)行うそうだ。

              欲しいなあ〜、ってどっちを?

             どっちも欲しいなあ。
先日までお借りしていたNikon機材について、自分の備忘録を兼ねて記しておきます。普段Canonを使っているユーザーから見た、あくまでCanonに軸足を置いた見方をしていますので、あしからずご容赦下さい。

今回、まずはMacとカメラの直結撮影について。
f0174521_4103151.jpg

Nikonの場合はCamera Control Pro 2(Version2.6.0)というソフトを使ってUSB接続で使う。勿論ライブビューも可能だ。カメラ側にはMacと通信している事を示す「PC」という文字と(NikonさんはMacの事なんて眼中に無い感じですね)、バーグラフみたいなものが右から流れて表示される。Macと通信状態にある間中このバーグラフみたいなものは動いている。後で記すが、このようにMacと通信状態の間はカメラ側からのシャッタースピードなどの変更は出来ない。
f0174521_2065690.jpg

 一番始めに気になったのはこのライブビュー画面。小さく、しかもライブビュー画面はサイズ固定で大きくする事が出来ないのは不便に感じました。 商品撮影時、ライブビュー画面を見ながらアングルや商品を動かしてみたりする事が多いのだが、こんな小さな画面では確認し辛い。…Canon EOS Utiltyではライブビュー画面は自由に大きさを変えられるのに。
f0174521_2074647.jpg

 ライブビュー中にもAFを作動させる事が出来るのは良いと思いました。この機能に関しては新しいCanon 1Ds Mk-4からは出来るようになったようですね。
f0174521_20817100.jpg

 これはCanon EOS Utiltyのライブビュー画面のところ。画面右に絞り込みのオンオフ切り替えがある。

 カメラコントロールプロでMacにつないでいる間は、カメラ側の背面液晶にライブビュー画像を表示させたくても出来ないのは不便に感じました。また、ライブビューモードの時、Mac側からカメラのレンズを絞り込んで、被写界深度等を確認したいのだが、出来ないようだ。項目が無い?細かいアングルやピント確認をしたい時に便利に使っているのだが、どうして出来ないのかなあ?
f0174521_2084384.jpg
f0174521_2085236.jpg

 Camera Control Pro 2側からドライブモードとAFモードの変更が出来たら良いのにと思うけど、カメラの外側に切り替えがあり、機械的に変更せねばならない以上こりゃ無理かと思うと、カメラのドライブモードをミラーアップやセルフタイマーにしてあっても、カメラコントロールプロ使用時にはMac側からシャッターを押せばドライブモードに関係なく即座にシャッターが切れる。たとえセルフタイマーモードになっていても関係ない。試しにMacにつないだままミラーアップモードにしてカメラ側のシャッターボタンを押してみたが無反応だった。これならAFモードもドライブモードも変更出来そうな気がしますね。しかし、どうしてカメラコントロールプロ使用時にはカメラ側のシャッターボタンが機能しなくなるのだろう。また、絞りやシャッタースピードなどの設定もカメラ側では出来なくなる。ほとんどの機能は繋いでいるMac側に移行してしまうようだが、ちょっと不便に感じた。
 CanonのEOS Utiltyの場合もセルフタイマーではシャッターが切れない。ライブビューさせていれば当然ミラーアップにはなるけど、Nikon、Canonの両メーカーともMacと繋いでいる場合はセルフタイマーは必要無いという考え方なのだろうか?私はセルフタイマーも使いたいのだが。だって、ブレが怖いもの。少しでも不安材料は無くしたい。
f0174521_2091574.jpg

 ISO感度とバッテリーレベルも常に表示させておいて欲しい。まあ、スタジオ撮影時はカメラをAC電源につなぐ事が多いだろうからそれほど問題にならないかもしれない。カメラのバッテリーを使用している場合、バッテリーレベルを知りたければCamera Control Pro 2の「ドライブ」という画面に行かねば確認出来ない。また、ISO感度も「露出2」という画面に行かねば確認出来ない。これらは常に確認しておきたいところなので、常に表示されている下のシャッタースピードとか絞りの所に表示させて欲しい。
f0174521_201004.jpg

 Camera Control Pro 2を使ってMacとつないでいる間、シャッターを切って撮影画像を取り込む度に表示されるステータスはいらない。今回、表示させない設定が見つけられなくて、とってもじゃまだった。
f0174521_20101839.jpg

 Camera Control Pro 2の画面で絞りやシャッタースピードを変更する時などにキーボードからのショートカットが用意されていないようだった。いちいちカーソルを絞りとかのスライダーに持って行って動かさねばならないのが非常に使い難い。ショートカットが用意されていれば、カメラの直結撮影時には非常に効率的かつスマートに操作が可能なのに。ちなみにCanon EOS Utilty の場合は例えばスペースバーを押せばシャッターが切れるなどのショートカットが用意されており、大変便利。

他には

 カメラコントロールプロのビュワーの表示が遅い。Capture NX2も表示が遅いけど、これはMac版だから?Win版だと早かったりするのかな?

 カメラ側のCFカードにも同時に記録出来ないは不便。これって結構致命的かも。
f0174521_20104137.jpg

f0174521_20113785.jpg

 Nikon D3XとCanon EOS 1Ds Mk-3の2台を同時にMacに繋いでCamera Control Pro 2と EOS Utiltyを起動しているけど大丈夫だった。危ない?

 ここに記した事のいくつかは新しいD3sの発表と共にバージョンが上がったもので改善されている?らしいので、期待しています。
 近所の散歩コースにあるお家には、みかんの樹が植えてある。暫く前に青い実を付けたのに気がついたのだが、ここ2〜3日でずいぶん熟してきた。ここのお家の人はもっと熟するのを待っているのか、興味がないのか一向に収穫する気配が無い。
f0174521_22592156.jpg

 近所を徘徊しているカラス等にもついばまれる事無く、樹の上でまさに完熟期を迎えている。壁を越えて道路にまでせり出してきていて、その気になれば通り過ぎざまにヒョイともぎ取る事も出来そうだが、この辺りの人はお行儀が良いのか、そんな事をする人もいないようだ。
f0174521_22595189.jpg

 …そう思っていたのだが、先日よく見ると、いい感じに熟したみかんの誘惑に耐えきれなかったのか、もぎ取った跡があるのに気が付いた。

「樹上完熟のみかん」って美味しいらしいですよ。
f0174521_1541293.jpg

知り合いに紹介されたその場でもって「勢い」でポチっとしてしまったストラップ。日本未発売のモデルだそうで、確かに見た事ない。CRUMPLER製で中々作りは良さそう。
今付けているストラップもだいぶ汚れているし、良い潮時か。

 色違いでCANONのロゴが入っていないモデルは日本でも¥4,000くらいで売っているが、これはそれよりも…だいぶ高い。
f0174521_2114543.jpg

ここ最近は雨続き。そんな中、雨の合間を縫ってオープンカーの撮影。爽やかな秋晴れだったらどんなによかったろう。Sr-3はイマイチ人気のないモデルだけど、この綺麗な色(プリムローズイエローという純正色)はドロップヘッドによく似合う。
by hidenobu_02 | 2009-10-01 02:12 | | Comments(2)