<   2008年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 愛用のGX200の調子が悪く、クリスマスも、年越し蕎麦の画像も吸い出せず困っています。カメラ側からはサムネイル画像がみえるものの、いざ画像データーをMacにコピーしようとすると、コピーが途中でフリーズしてそれ以上進まなくなってしまいます。SDカードってけっこう不安定なのかなあ? サンディスクなんだけどなあ。メーカー違いだけど知り合いもSDカードでひどいめにあったって言ってたし…。
 という訳で更新が滞っております。
f0174521_1832529.jpg

 どうにかコピー出来た分から、クリスマスの東京タワー。あまりの混雑に負けて展望台に上がるのをあきらめました。外から眺めている方が綺麗だし…、と負け惜しみ。
 除夜の鐘を聞きつつ、データーの復旧を試みてみます。仕事のデーターでなくて本当に良かったとしみじみ思う年末でした。
f0174521_18241349.jpg

 毎年こんな時期になってしまうのだが、印刷会社と協力して作っている私の来年用のカレンダーが仕上がって来た。校正を見てある程度想像はしていたが、仕上がって来たものは想像していたよりも色彩度が持ち上がっていた。…毎年の事だから十分わかっていたはずだったが、FMスクリーン印刷の難しさを改めて感じさせられました。
校正もFMスクリーン印刷で出して欲しいな〜。
f0174521_13317.jpg


 年末にゲンの悪いったらありゃしない。

 …あんた、そんな事やってて自分に誇り持てるのか?

 …持てるんだろうなぁ、ああいう人達って。
by hidenobu_02 | 2008-12-21 01:06 | | Comments(6)
 先日、プロ写真家向けのD3x説明会に出席して来た。ニコンからはカメラ、レンズ、ソフトウエアなどの開発関係、プロサポート等の方々が出席されていて、色々な話を聞かせてもらえた。今回はレース写真家向けの説明会だったので、望遠レンズやAFの話が多かったように思う。私が開発陣に聞きたかったのは

 セルフセンサークリーニング機能を盛り込まなかったのはなぜか?

 である。直接のライバルとなるキャノンの1DsMk-3にはセンサーシフト式のクリーニング機能があり、CMOSセンサーの製造でニコンとは協力関係にあるSONYのα900にもクリーニング機能があるのに、あえてセンサークリーニング機能を盛り込んでこなかった訳を聞きたかった。

何か違う考え方があり、あえて盛り込んでこなかったのか。それともD3xにセンサークリーニング機能は必要ない、…なんて答えが帰って来るのかな? なんて期待していたりしたのだが、ニコン開発陣から帰って来た答えは

 間に合いませんでした。

というものだった。気がついた時には周辺の設計が終了していて、センサークリーニング機能を盛り込もうにも出来なかったのだそうだ。つまり開発の初期段階ではセンサークリーニング機能は考えていなかったという事でもある。

 私としては現在メインで使っている1DsMk-3のセンサークリーニング機能がとても有効であると思っている。1DsMk-2時代に比べてサービスセンターへクリーニングに行く回数は激減している。もはやセンサークリーニング機能無しなんて考えられないし、これから新たに購入しようとするカメラにもぜひ欲しい機能だと思う。「間に合わなかった」なんて言わずに設計変更して発売を半年遅らせてでも、ぜひ盛り込むべき機能だったと思う。少なくとも私は興味が失せてしまった。次のD4?に期待かな。
f0174521_392561.jpg

 お土産にもらったポーチ。メディアなんかを入れるのに良さそう。
 更新が滞っていましたが、先月から一昨日ぐらいまでは眼の回るような忙しさで、ブログどころではありませんでした。朝からロケに出て帰って来て画像処理、サーバーに納品、という日々の繰り返し。画像処理が間に合わなくて翌日にまわさざるを得ないものも出てくると、しわ寄せが睡眠時間に来る事になる。ようやくメドがたったと思ったら、風邪をひいてしまい、ベッドでひっくり返っているののが現状。まあ、ぼちぼち更新します。
f0174521_15413977.jpg