<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 出張時のデーターバックアップ用外付けHDを新しい物にしてみた。今まで使っていたものは容量、スピードともに不満を感じていたからだ。HDの容量アップとデーター転送時間の短縮を期待して、今回は250GBのIEEE1394b接続のものを選んでみた。
f0174521_22255178.jpg

 手前の透明筐体が今回購入したMercury on-the-Go。向こう側がこれまで使っていたLe Cie製80GB。Mercury on-the-Goはケースのみの販売で、中身には日立製のバルクHDを組んである。それまで使っていたLe Cie製80GBのIEEE1394接続のものと比べてデーターの転送時間がどのくらい違うのかを比較してみた。

 使用機材はMac Book Pro 2.4GHz メモリー4GB。データーは4.21GB、340ファイルの画像データーを使って転送時間を計ってみると

Le Cie 80GB(IEEE1394)→2分30〜35秒
Mercury on-the-Go(IEEE1394b)→1分55秒〜2分

と、期待した程の時間の短縮にはならなかった。スペックをわかる範囲で比べてみると

Le Cie 80GB:(IEEE1394) 
HDはどこの製品か不明
回転数:4200rpm
バッファ容量:2MB
シークタイム:12ms

Mercury on-the-Go(IEEE1394b)
HD:日立グローバルストレージテクノロジーズ製5K320-250
回転数:5400rpm
バッファ容量:8MB
シークタイム:12ms

 HDの回転数が上がり、バッファも大きくなっている。しかも実効転送速度はIEEE1394の倍の800Mbsのはずなのだが、今回のテストではスペックの違いからくる程、性能の差が出なかったのはなぜだろう?HDとの相性?使われているチップセットのせい?

…HDの容量が大きくなった事以外は、期待していた程の性能アップにはならなかったのが残念だ。
 富士宮で焼きそばを食べて来ました。伺ったのは「ゆぐち」さんというお店
f0174521_1915148.jpg

 こちらはお店の方の名字がそのまま屋号となっている。富士宮の街からは少し離れた立地にもかかわらず、我々が辿り着いた11時40分には店の前の駐車場は満車状態。当然、店内はすでに満席。しかし店頭にはまだ「準備中」の札が立てかけてある。お客さん達はそんな事はおかまいなしに時間になると店内に入ってくるらしい。我々もそれにならったのだが「店先の準備中の札も変えるヒマがない」と、この店の名物女将がカウンターを片付けながらぼやいていた。カウンターのお客さんに少し詰めてもらって着席すると、おばさんが紙と鉛筆を持って来てくれる。メニューを見てそこに注文を書いてお店の人に渡すシステムのようだ。富士吉田のうどん屋さんもこんなシステムだったと思うが、富士山の周りには広く行き渡っているやり方なのか? 写真は帰り際に撮ったものなのですでに看板も「営業中」に変えられている。
 ここんちは基本の焼きそばを大きな鉄板で4〜5人前作り、そこにイカなどのトッピングを加えるやり方なので、お客さんが沢山待っていても、想像より割と早く注文した物が出て来た。
f0174521_1915436.jpg

 こちらは「イカ焼きそば」。鰹節に隠れて、富士宮焼きそばの特徴とも言える「イワシの削り粉」がかけられている。これらと甘辛いソースが混ざり合って作られる濃厚な味をキャベツの甘みが押さえてくれる。よく見ると「肉かす」も入っている。見た目よりも油っぽくなくておいしいかった。
f0174521_19244634.jpg

 「お好み焼き」は焼きそばとは別の鉄板で作られる。こちらは「ネギ玉お好み焼き」で、こちらにも鰹節と「イワシの削り粉」が振りかけられる。分厚く、中はふわふわでしかもボリュームたっぷりで、おなかいっぱいになった。
 カウンター席に案内されたので、作っているのがよく見えて楽しかった。この店で使われている卵は新鮮な物のようで、目玉焼きの黄身がだらしなく広がらずに、丸くキリリと立っていたのが印象的だった。
f0174521_19255568.jpg

 帰り際に、レジの所で売られていたソースを買ってみました。


f0174521_1927584.jpg

 御殿場では「草季庵」というそば屋さんに行って来ました。この辺のそば屋さんで夜まで営業している所はあまり知らなかったのですが、こちらは20時まで営業されているそうです。…畑の中の1軒屋なので、暗くなってからこの店にアプローチするのは中々趣き?があります。裏の駐車場に廻されると夜は真っ暗で足下もおぼつかない。お店の方からごま油の香ばしい香りが漂って来るので、おなかが鳴ります。
 古民家を改造したお店に入ると、お座敷に通され、お茶の代わりに「そば湯」が出て来ます。
f0174521_19273853.jpg

 「お茶」や「水」のかわりに「そば湯」が出されるお店は他にも知っていますが、ここのはそばの実の殻が混じっているのか、黒っぽい粒がみえます。ほんのり塩気を感じるような気もしますが、気のせいかもしれません。
f0174521_1928685.jpg

 駐車場まで漂って来たごま油の香りの正体。天つゆはおそばの出汁とは違うものだった。料理の向きが逆ですね…。すいません。
f0174521_19283656.jpg

 そばは冷水で「しめて」あるせいか、腰もあります。何より汁がダシの効いた、好みのものだったのがうれしかった。夜は予約をするべきだったのを後で知ったのだが、知らずに押し掛けた我々にも嫌な顔もせず迎えてくれました。ネットで言われている程接客は悪くないと思う。
 今まで使っていたものがファスナーがおかしくなってきた為、新たなものを考える必要に迫られた。気に入った物はずっと使い続けたい方なので何かを買い直す時はとても困る。以前と同じ物を買い直す場合、その製品がまだあれば何の問題も無いのだが、今回はファスナーがおかしくなっただけでなく、ウエストバックに入れる「もの」も増えて来た為でもあるからだ。ファスナーがおかしくなったのも、長年使い続けてきた事だけでなく、入れる物が増えて来た為、半ば無理矢理力任せに開け閉めしたのが寿命を縮めた大きな原因と言える。
f0174521_1657132.jpg

 入れているのはカメラ用電池×2、オフカメラシューコード、メディアケース×2、ST-E2、ストロボ用ミニスタンド、QPカード、ブロワー、手袋、セロテープ、カッター、クイックシュー、折り畳める帽子などなど。増えたのはカメラ用の電池で、1DsMk−2とMk−3の2種類の電池を持たねばならなくなった為だ。以前使っていた物はすでにパンパンだったところに1DsMk-3用の電池を無理矢理押し込んでいた。電池なんぞカメラバックに入れておけば良いのかも知れないが、気がついた時にすぐ交換したいので、やはりウエストバックに入れておきたいのだ。これだけの物を入れて持ち歩く必要があるのか?と言えばそれまでだが、今までそうして来て何も問題が無かったのだから、今更それを変える必要も無いかと思う。
 これだけの物をウエストバックに収納するのはもはや無理があると思い、ボディバックやメッセンジャーバックなども考えたのだが、いずれも大きさなどが「帯に短し襷に長し」で、望むものを見つける事が出来なかった。そうして鞄屋さんや写真用品店をさまよい歩き、たどり着いたのが結局ウエストバックだった。
f0174521_16572971.jpg

 買ったのはThink Tankというメーカーのものだ。今回は2つに分けて収納する事にした。向かって右の方に電池等を入れ、左にメディアケースやST-E2、オフカメラシューコード等を入れている。収納を2つに分けたのと、ベルトをクッション付きの物にした事で、今までウエストバックの重さでベルト部分が腰に食い込んで痛かったのがだいぶ軽減された。ごつい作りのせいで、出張時など鞄に収納するのがちょっと難儀な事を除けばおおむね気に入っている。
f0174521_07814.jpg

 その筋ではつとに有名な蓼科の「イングリッシュガーデン」なるものに行って来ました。個人的に英国には思い入れはありますが、日本でもてはやされている「イングリッシュガーデン」なるお庭の様式には正直な所…???
f0174521_074025.jpg

 この季節、園内にはこのようなハロウインのかぼちゃがディスプレイされていて、それなりに楽しいです。
f0174521_08423.jpg

  お花も沢山咲いています。
f0174521_082577.jpg

 園内のレストランで昼食。英国文化をうたっているけれど、ここはなぜかイタリアンのお店…。まあ、英国というと食べ物がイマイチな印象が強いし、英国風の食事を出しても日本では受け入れてもらえないだろうから、イタリア料理は良い選択だろうけど、…でもちょっと納得いかないなあ。この他にもカフェテリアなどもありこちらでソーセージとか食べた方が英国らしさを味わえる気がする。個人的にはソーセージを使ったバングアンドマッシュなんか食べたいなあ。ああいう、いわゆる「Pub Food」みたいな下品なものイングリッシュガーデンに集うマダム達には受けないんだろうけど、カレーのお店とか焼きそば屋台もあるんだったら許されるんじゃないのかなあ。

 ここのイングリッシュガーデンって、もっと広いのかと想像してたけど私の想像の10分の1くらい。その上芝生は養生中の為、立ち入り禁止!ってなんだそれ。パンフやホームページには芝生の上で生バンドの音楽を楽しんでいる写真を載せといて、それは無いじゃないの〜。おまけにイングリッシュガーデンにはお土産屋のテントを通らなければたどり着けないようになっているのがちょっと…。イングリッシュガーデンを見る為にわざわざ蓼科まで来る価値は???

f0174521_094799.jpg

 そんな所はとっとと出て、せっかく蓼科まで来たのだからと霧ヶ峰の方まで足を伸ばし八島湿原を歩いて来ました。駐車場からのアクセスも良く、木道もあり、なめた格好でヒョイと来ても湿原を楽しむ事が出来ます。残念ながら湿原の草は枯れていましたが、気持ちのよいウオーキングを楽しむ事が出来ました。
f0174521_0103454.jpg

f0174521_0104999.jpg

   この辺りは紅葉の見頃は過ぎているようですね。
f0174521_0113366.jpg

 蓼科から諏訪に降りて諏訪大社の隣にある「新鶴」に行く。しかし時間が遅かったせいもあり、お目当ての「塩羊羹」は全て売り切れていた。残念。
 
f0174521_012661.jpg

f0174521_0121848.jpg

 
f0174521_0140100.jpg

 せっかくここまで来たのだからと気を取り直して、諏訪大社さんにお参り。こちらの御手水舎は2つあり、ひとつからは温泉と思われる結構熱いお湯が出ている。寒いところだから、冬場のお参りにはいいかも。
f0174521_014285.jpg

 大きなしめ縄は1トンあるそうだ。
f0174521_0145247.jpg

  そびえ立つ御柱

帰り際、中央高速を途中で降りて甲府駅近くの「ちよだ」というほうとうのお店に行きました。
f0174521_0252731.jpg

 いただいたのは「おざら」という「ほうとう」のつけ麺バージョン。麺のおいしさを楽しめます。
f0174521_0262280.jpg

こちらは「煮込み豆腐」。みそ仕立てで、にんにくがきいておいしい。ご飯といっしょにたべたくなる。
f0174521_0264932.jpg

 スタンダードな「ほうとう」もいただきました。こちらもグッド。

ほうとう ちよだ
山梨県甲府市丸の内2-4-8
055-222-5613
月~金] 11:30~22:30 [土] 11:30~20:00
定休日日曜祝日
f0174521_2236383.jpg

 昨日は、新幹線で名古屋に日帰り。新幹線の車掌さんも最近は女性が多くなったように感じる。かつて新幹線の車掌さんといえば九州特急の車掌さんと並んで大変なエリートだったそうだが、この女性車掌さんもきっとエリートなんだろうなあ。
f0174521_22371349.jpg

 名古屋市営地下鉄のマスコット「ハッチー」。金のしゃちほこをモチーフにし、名前は名古屋市の市章である丸八の「ハチ」と金のシャチホコのシャチを組み合わせたのだそう。…ピーポ君なみに眼が怖いぞ。
関東在住の者には見慣れない事もあって新鮮?だった。
f0174521_2238737.jpg

 本日はこんな車の撮影。ミツオカの「オロチ」カブトバージョン。

 
f0174521_22405179.jpg

 名古屋でゆっくり出来れば良いのだが、昨今そうも行かない場合が多い。そんな時、ちょっとした名古屋気分を味わう為に 新幹線口とは反対側になるのだが、わざわざ駅構内を横断して、お気に入りの「手羽先」と「天むす」を買い求めて新幹線車内で頬張る。食べた後、満足してひと眠りしたのだが「のぞみ」ではぐっすり眠る間もなく品川に到着。何だか変な気分。
  天むす「千寿」:松坂屋名古屋駅店
  手羽先「世界の山ちゃん」:名鉄メンズ館店
f0174521_05294.jpg

 本日はカメラマン仲間の有志で集まってLightroomのお勉強会。日本イチのLightroom使いH氏にレクチャーをしてもらう。こんな有意義な勉強会が今時タダで受けられる幸せを感じながらお話を伺う。
 その後、アップルストアに行って、今年のフォトキナで注目の製品の報告を伺う。ハイエンドデジタルカメラの動向、フォトショップCS4の新機能、などなど。
f0174521_06053.jpg

 次期フォトショップCS4のお話。ヘンなロゴ。見慣れてくればカッコ良く見えてくるのかなあ?
f0174521_065628.jpg

      ハイエンドデジタルカメラのお話。
f0174521_074187.jpg

      注目の新製品のお話。

 今、動画など新たな機能を盛り込んだ製品やそれを使いこなすソフトがものすごい勢いで進化しているようだ。スチールやビデオなんて狭い括りではない新たな「記録装置」が生み出されてくる大きな転機に立っているのかも知れない。そんな期待と恐ろしさを感じました。
f0174521_2023599.jpg

 デルタの走行距離が140,000Kmを越えているのに気がついた。思えば今年の春エンジンを壊した時に引退を考えたが、当面気になる車が見つからなかったので大枚はたいて修理したんだもんなあ。昨年の夏にはマフラーの交換を余儀なくされたものの、メーカー欠品で勿論日本に無いので知り合いを通じてイタリア本国のパーツ屋を捜しまわってもらいどうにか見つけて送ってもらったなんて事もあった。89年式なのですでに車齢は19年、私の下に来てから16年経つ。メーカー欠品のパーツも多く、これからもどんどん無くなって来る訳だから、この先どこまで距離を伸ばせるんだろうか。まだまだ乗り続けたいんだけどなあ。