カテゴリ:その他( 76 )

 ルマンから戻ってしばらくしたら右腕に痛みを感じるようになった。腕を返したり伸ばしたりすると痛みが走るのである。腕を返したり伸ばしたりしなければ痛みは無い。痛みが出るあたりを触ってみると、前腕部筋肉の上、筋の下っていうあたりに小さめの「さくらんぼ」くらいのカタマリがあるのがわかる。カタマリそのものを触ったりしても痛みは無い。実はルマンが終わった頃から前腕部にカタマリのあるのと痛みは自覚していたのだが、すぐに治るだろうとタカをくくっていた。しかし帰国してからも治るどころかどんどん痛みが激しくなり、カメラを構えるのにも支障が出てきたので、近所の整形外科を受診してみると、先生も首を傾げている。腫瘍の類でもなさそうだし、さりとて血液などの液体とも思えないと言う。レントゲンも撮ってみたがイマイチわからないので、MRI検査を勧められて、専門の病院?に行ってきた。
f0174521_16153770.jpg

 …MRIの画像ってCDやDVDとかに焼かれたデーターかと思っていたら、昔ながらのレントゲンフィルムみたいなものだったのにちょっと驚き。今時フィルムなんですね、って言ったら失礼か。
f0174521_16165436.jpg

 よく見ると端っこに「フィルムノッチ」のような切り欠きがあります。4X5などの大判フィルムのようにこの切り欠きを右下にすれば、表側が乳剤面になりました。へえ~、おんなじなんですね、ってちょっと面白かったです。
レントゲンの時はデーターだったようで、モニターで見せてくれたのに。MRIはフィルムってのがちょっと不思議な感じがします。
f0174521_16173997.jpg

 MRIの写真を見る限り、やはり腫瘍でも液体でもなく「前腕部の筋肉の血管が密集しているあたりに先天的な血管の奇形が考えられる」とかいうワケのわからん診断だった。とりあえずは我慢出来ないほどの痛みでもないのなら、ということで経過を見ましょうと言われ、痛み止めを処方された。
 納得のいかない顔をしている私を見ていた先生に大学病院での検査を勧められた。その先生は受診した先生の大学の後輩だそうで、腫瘍の専門家らしい。…腫瘍じゃなさそう、って言ってたクセに。わけのわからない面倒くさそうな患者だから後輩に丸投げか?って勘ぐりたくなるなあ。

 とりあえず紹介状もいただいたが、先方の大学病院の先生の都合と私の都合で2週間先の診察になり、それまでは痛み止めでしのぐ事になったのだが、処方された湿布薬とロキソニンが全くと言っていいほど効き目がない。痛みは日増しに強くなっていくのに痛み止めは効かない。カタマリというか痼(しこり)部分を触っても痛くないので、その辺りをマッサージしてみたがあまり効果は感じられない。その時ふと、思い出したのが部屋の隅に転がっていた低周波治療機だった。
http://www.healthcare.omron.co.jp/product/hvf/hv-f021.html
 駄目元で試してみたところ変化を感じられた。3日ほど続けたところ「小さめのさくらんぼ」くらいだったカタマリがパチンコ玉くらいになった。痛みも少なくなってきたので、さらに1週間ほど続けたら、ほぼカタマリも痛みも無くなった。大学病院には勿論行かず仕舞い。
 一体あのカタマリは何だったんだろうか?ルマンで長時間無理な姿勢でカメラを構えたせいで筋肉が凝ってしまった?今までそんなの感じた事なかったけど、年齢と共に体が衰えた、って事なのかな?

…そして今度は左腕にも右腕と同じような痛みが出るようになってきた。もう医者なんか行かずに低周波治療器でマッサージします。
f0174521_2172894.jpg

 寒中お見舞い申し上げます。仕事もひと段落したので、ブログを更新。
 年明けはメカニック?の撮影。メカさんが仕事の必要に応じて削ったり曲げたりしてカスタマイズした工具を見せてもらった。素人には何に使うのかさっぱりわからないが、狭い場所とか工具が入らない入り組んだところでも使えるように工夫したのだろう。カスタマイズされた職人?の道具はカッコいいなあ、と思いました。
f0174521_0461297.jpg

 先日はキヤノンの忘年会でした。相変わらず会場から人間がはみ出しています。毎年あの会場に250名を越える人が集まるのですから、無理もないです。
f0174521_543798.jpg

 毎年作っているカレンダー。…9月頃に翌年のカレンダーを配るのが世間的には常識なのだろうが、これはまあ、売る訳でもない、仕事先や親しい人に配るくらいなので、常識にとらわれずにのんびりと作っている…というのは言い訳で、せっぱつまらないと動かない、という性格的な問題のせいだろう。色や文字の校正も終わり、あとは出来上がるのを待つばかり。
  更新が滞っていました。
 今月の始め頃から喉に違和感がありました。昨年、扁桃腺が腫れた時と似た様な症状だったので、昨年と同じ様な喉の薬で誤摩化していたのですが、1週間経って症状が改善しない。仕方無く近所の医者に行くと「扁桃腺炎」だという見立てで、お薬を処方してもらったものの、症状が悪くなるばかり。処方してもらった抗生物質を代えてもらい様子を見るが、良くなる兆しが無い。今度は違う医者でお薬を処方してもらったが、現状維持ってところ。もうここではどうにもならない、と言う事で紹介状を書いてもらって大学病院に行くと、いきなりの点滴。
f0174521_3503514.jpg

 入院を勧められたものの、仕事も立て込んでいるしで断ってみた。もし命の危険があると医者が判断すれば、絶対に帰さないはずだと思ったからだ。散々脅かされたものの、渋々ながら帰宅を許可してくれた。
点滴が効いたのか、処方されたお薬が効いたのか、ともかく病院から帰って3日ほどで症状は改善し、現在は少し咳が出るくらいになりました。
f0174521_35249.jpg

 お薬はまだ飲んでいます。
f0174521_0243366.jpg

 先日キヤノンのオンラインショップで限定販売していた「ミニチュアUSBフラッシュドライブ」を購入した。…まあ、別段「限定販売」に踊らされた訳でもありませんが、何となく勢いで。
 以前、似た様なものが中国で作られていて、何年か前には秋葉原のお店等で販売しているのを見かけた事もあった。その頃、手にした事があったのだが、あまりにチャチで、これはあまりにも出来が悪くてシャレにならないほど酷いなあ、と言う事で購入にはいたらなかった。今回はちゃんとメーカーが仕立て直したものらしく、細部までEF70~200mm f2.8を再現出来ていると思う。
f0174521_02508.jpg

 ヘリコイド部分の距離リングは回転するし、レンズキャップは着脱可能で、中にはレンズを思わせるアクリル?がはめ込まれている。
f0174521_025247.jpg

 USBの口はレンズ後部にある。引っ込んだりする仕掛けは無いので、キャップが付く。しかし、レンズの中心に差し込み口があるので、パソコン等に差し込む時はどうするのかと思っていたら、USBの延長コードが付属していた。これで対応しろと言う事か?
f0174521_0254822.jpg

 購入ページの装着写真ををよく見ると普通にPCにつなげているが、予備バッテリーが装着されているようで、底が上がっているので装着出来ているのだろう。私のMacBook Proで使うならやはり底に何かを挟んで底上げさせてやる必要がある。そうでなければ付属のUSB延長コードを使うしか無い。…まあ、そんな事は良いけど、これってよく見るとUSB2.0規格じゃん。税込み¥10,778もするのにUSB2.0規格?買っておいてナンですが、同じ8GBの容量のUSB3.0フラッシュメモリーだって今時ゃ¥1,000しないこのご時世に、USB2.0規格でイチマンとんでナナヒャクナナジュウハチ円ですか?ちょっとびっくりしました。私はてっきりUSB3.0規格の製品だとばかり思ってました。まあ、確かにEF70~200mm f2.8を細部までこだわって再現出来ていますがね。よく確かめなかったのが悪いのですが、驚きました。
f0174521_23265013.jpg

 先日は学生時代の仲間が集まり楽しい時間を過ごしました。
…おしゃべりが楽しくて写真を撮り忘れました。手前のカメラは友人が持っていたFUJIのX20。
f0174521_483133.jpg

暑さにめげながらも何とか生きています。写真は先日の夕景。雲の形が面白かったので。
f0174521_2325742.jpg

 長崎に行ってました。台風の影響で海が荒れていて 軍艦島には上陸出来ませんでしたが、それでもけっこう楽しめたんじゃないかと思います。
f0174521_22323089.jpg

 この「ピラミッド・トーク」はたぶん私の手元に来て30年近く経っていると思うが確かな事は憶えていない。何かのイベントの賞品でもらったような気がする。最初は文字盤も無いヘンテコな時計だなあ、くらいに思っていたが、これが使ってみると中々便利で、夜中目が覚めたとき等にこいつの頭を軽く押してやれば「○時○分です」としゃべってくれるので、いちいち電気を点ける事も無くて済む。時計の文字盤を照らす方式やデジタル文字盤が光るものなどがあるが、暗い中で文字盤が光っていて気持ち悪いし、だいたい暗さに慣れた目には眩しくて見づらい。しかしこの「ピラミッド・トーク」ならそんな事は無いので、以来ずっと私の枕元にある。
f0174521_22324925.jpg

 長年の使用?手の油による劣化?プラの塗装なので、こんなものかもしれない。機能には支障は勿論無い。

しかし最近調子が悪いと言うか接触不良で、頭をたたいても無反応な事がママあるようになって来た。以前(7〜8年くらい前か?)も似たような現象が起きたので、バラして接点を清掃したら復活したので、今回もトライする事にした。
f0174521_22393641.jpg

f0174521_22401025.jpg

ひっくり返して底面に収納されている電池室の蓋を外すとねじが2本出てくるので、それを外す。
f0174521_22403278.jpg

外すと金属製のプレートが見える。なぜか2枚。多分、製品の安定性の為のウエイトと思われる。
f0174521_22405638.jpg

その金属製のプレートも外すとスピーカーが出て来る。音声発信の為のスピーカーだろう。これはスピーカー右端にあるワッシャーのついたねじを外してスピーカーをずらしてやればスピーカーを外す事が出来る。
f0174521_22412784.jpg

スピーカーを外すとこんなベークライト基盤みたいなものが見える。これもねじ2本で止まっているので外す。
f0174521_22414696.jpg

外すとこんな感じ。真ん中の赤くて丸いのはゴムで、バネの役割をしている。そのさらに中心にある黒い丸が「導電ゴム」と思われる。ピラミッドの頂点を押すと、この赤いゴムが押されて黒い丸のところが下がって来て、右の基盤のところにくっつく事により通電して音声が流れる仕組みだ。ここの「導電ゴム」が経年変化による劣化などで接触不良を起こしていると思われる。この製品はすでに発売から30年近く経っているので修理は望めないので、対処療法になるが、「導電ゴム」表面と基盤側の両方をアルコールを浸したシルボン紙などで清掃する。とりあえずはこれで導通不良はなくなるのでしばらくは使える。

前回、この修理を施したのは7〜8年くらい前だったと思うが、なぜこんな事をしてまで使いたいと思ったかと言えば、当時これに代わる製品が見当たらなかったからだ。この「ピラミッド・トーク」は発売当時それなりにヒットした製品だったようで、私の持っている割と初期型のDA570Sの後に、ひと回り大きくなった製品が発売されたり、四角い「キュービック・トーク」なんていう製品もあったが、いつのまにかそのどれもが消えていた。いちどこの「音声で時間を知る」便利さを知ってしまうと、いちいち文字盤を見なければならないような時計なぞ枕元に置きたくなくなってしまう。さりとてどこにもこの「ピラミッド・トーク」のように文字盤無しで、頭をたたくとしゃべってくれるというシンプルな製品が見当たらなかった。しかし、接点の清掃を終えてから何気なくネットを見ていたら、何と、あるじゃないか、「ピラミッド・トークが。
2009年11月に電波時計としてリニューアル発売されていた。…と言う事は、私が前回接触不良で修理を思い立ったそのすぐ後くらい?…でもリバイバルされたものをよく見ると初代の小ぶりなものではなく後期型のひと回り大きな製品のようだ。ネットで検索すると¥6,500くらいからある。

…買おうかなぁ。