オイルインジケーター点灯

f0174521_15240100.jpg

 先日、メーターパネル内のオイルインジケーターが点灯するようになった。ある程度エンジンの回転を上げてやれば消灯するが、油温の上昇に伴いさらに回転数を上げてやらねば消灯しなくなってくる。大体2000回転くらいにまで上げてやらねば消灯しなくなる。水温は平常通りだし、普通にアイドリングもするので、オイルは潤滑していそう。という事はポンプ等ではなく、オイル系の何らかのセンサーと思える。不安なので主治医に電話して見てもらう事にする。
f0174521_1532421.jpg

 いくつかあるオイル系のセンサーのうちのふたつを交換。たぶん新車時からのものか?
f0174521_1535251.jpg

f0174521_154310.jpg

 センサーをバラして構造を見る。さすがイタリア製、職人技を感じさせる凝った作り。
f0174521_1553425.jpg

f0174521_1555093.jpg

 MADE IN ITALY VEGLIA と書かれた部品が泣かせる。
f0174521_156488.jpg

 センサーを交換してインジケーターはめでたく消灯。油圧計も振れるようになった。しかし、今度は水温が異常に上昇する事が起こるようになり、再び工場にUターン。電動ファンの接触部を作り直してもらう。…まあ13万9千キロ走っている車ですから色々あります。
f0174521_1572961.jpg

 遅くまでありがとうございました。
by hidenobu_02 | 2008-09-18 01:59 | LANCIA DELTA | Comments(0)