イヤイヤ

 連休も開けて、今週末はスケジュールに余裕が出来て喫緊の画像処理も無いし、という事で画像処理に使っているMac Pro (Late 2013)のOSを「10.12 Sierra」にアップデートしようかな、って気になった。でも私、基本的にOSのアップデートに関してはあんまり気乗りがしない
 それでもやろうというきっかけは、先日キヤノン製のDPP4(Digital Photo Professional 4)のバージョンが上がって、今まで使っていた「OSX 10.9 maverick」が切り捨てられてしまい、DPPのアップデート出来なくなってしまったからだ。まあいずれやらなければ、とは思いつつもOSがいくつも進んでしまっていたので、追いつくうちに、メンテナンスも兼ねてOSのアップデートをやる気になった。
…でも、でも、やっぱりあんまり気乗りしないのは、基本的にOSに依存する機能ってほとんど使っていないし、逆にOSをアップデートすると「写真」アプリが悪さしてロクでも無いことになるのを分かっていたからだ。まあ「写真」についてはどうにか黙らせる方法に目処も(「写真」アプリを黙らせる方法は色々な所で紹介されているので、興味がある方は検索していただきたい)ついているのでさほど問題ではなかろう、という事で「嫌々ながら」アップデートする事にした。
 本丸となるMac Pro(Late 2013)のOSをいきなりアップデートさせるのはいささかおっかないので、取りあえずはモバイル用のMacBook Proで(こちらは10.11 El Capitan)試してみる事にする。「Timemachine」でバックアップを取ってからアップデート。再起動を繰り返すMacBook Proの画面をドキドキしながら見守っていると15分ほどでアップデート完了。ワコムのペンタブレット(intuos 3)を繋いで動作も確認、問題なく動く。案の定「i1 profiler」で作ったモニターの設定が無くなっていたので、作り直し。フォトショップも問題なく動いているし、DPPもアップデートが出来た。これで、最悪Mac Proに問題が出てもMacBook Proでどうにか仕事もこなせるので、本丸のMac Proをアップデートさせる事にする。こちらは今の所「10.9 Mavericks 」で動いているので、 「10.10Yosemite 」、「10.11 El Capitan 」と2つ飛ばして「10.12 Sierra」にする事になるのでまたドキドキ×2。こちらも「Timemachine」でバックアップを取ってからアップデートに入る。再起動を繰り返しながら15分ほどで完了。
f0174521_13384458.jpg

 ペンタブレット(intuos 3)も問題なく動いている。こちらもやっぱりモニターの設定が消えてしまっているので作り直す。メインのモニターはEIZOのCGシリーズなのでHPから「color Navigater 6」をアップデートしてからキャリブレーション。…ところが上手くいかない。
f0174521_13391456.jpg

 …どピンク!何だこりゃあ! …と、まあ恐ろしい事になってしまうのである。
おかしいなあ、と色々と設定を変えてやってみると、「コントラスト重視」という設定ならどうにかなる、というところまでは突き止めた。この現象についてはEIZOさんのHPにも載っていた。

「Night Shift」という機能の為にモニターのキャリブレーションが出来ない、という現象が報告されている。
http://www.eizo.co.jp/support/compati/software/cn6sierra/index.html

 現象が発生する機種と発生しない機種があり、事前に私が試したMacBook Proのように現象が出ないものもあるようだ。
「Night Shift」は設定で、見た目上動かなくは出来るけれど「color Navigater 6」を使って外付けのモニターのキャリブレーションをしようとすると割り込んで来てとんでもない事をするようだ。…しかし最近のAppleはロクでも無い機能(「写真」とか)をOSに乗っけてきやがる。モニターの色は安定していて欲しいけどなあ。
 モニターのキャリブレーションが出来ないのは困るのだが、この現象に対してApple側が対応して「Night Shift」をどうにかしてくれるとは考え難い。EIZOさん側での「color Navigater 6」への「Night Shift」対応を期待したい。

…OSのアップデート早まったなあ…全くアメ公ってヤツはもう。
by hidenobu_02 | 2017-05-15 13:43 | Mac Pro | Comments(0)