Core2DuoでEl Capitan

 昨年、液晶モニターを壊してしまったMid 2009のMacBook Proですが、新たに購入するMacBook Proの下取りに出せるはずもなく、そうかと言って捨てるにもしのびなく、その後しばらくはほったらかしでした。もう6年以上前の2.8 GHz の Core 2 Duoだしねえ、流行のSSD換装で蘇らせるのもどうかと。それでもSSD換装に興味があったので、ちょうど仕事が一段落したタイミングでもあり、やってみようかという気持ちになりました。このまま死蔵させておくよりはマシかと。
  まずは壊れている液晶モニターを修理しなければ、と言う事でネットで色々探ってみた結果、渋谷のお店で交換作業をやってもらう事にしました。
 交換用のモニターは幸い在庫があるという事で、午前中に持ち込み、当日の夕方5時過ぎには作業完了して受け取る事が出来ました。お値段は工賃込み4万円+α。

仕上がったMacBook Proの液晶モニターの表示に問題ないのを確認して、SSDに換装する前に10.6の状態で外付けHDにTime Machineでバックアップを取っておく。そしてどうせなら、という事でOSも最新の10.11(El Capitan)にする事にした。
f0174521_23105824.jpg

OS10.11( El Capitan)の説明の所には何とOS10.6.8からなら直接アップグレード出来ると書いてある。
f0174521_0385533.jpg

 また、私のMacBook Proは「Mid 2009」なので、ハードウエアとしてもEl Capitanへの対応に問題はないようだ。
 今回、SSD換装を思い立ったのも、何気なく見ていたEl Capitanのアップグレードのところを見ていて、上記の説明を見たから、と言うのもある。…ひょっとして、古いMacを蘇らせて最新のOSで使う事が出来るかもしれない、という淡い期待を抱かせてくれたからだ。
f0174521_23113462.jpg

換装するSSDについては値段や容量を考えたが、とりあえず現状のHDと同じ500GBにしてあれこれ見ていたものの、優柔不断な性格が出てしまい3日ほど悩んだ挙句に「Crucial MX200」をネットで購入。¥16,800也。MacBook Proの純正はSAMSUNGのSSDらしいがお値段の問題で見送った。手元に届いた「Crucial MX200」はとりあえず外付けのケースに組み込み初期化しておく。今回、Trimコマンドは実行せず。
さていよいよSSDの換装作業に入る。
f0174521_23124758.jpg

f0174521_23134242.jpg

MacBook Proを裏返して裏蓋のネジを外し、2.5インチのHDを外して「Crucial MX200」に付け替える。裏蓋を外してみて内部に思いの外ホコリが溜まってなくて少し安心。
作業手順などはネットを検索して事前にリサーチしておいたので、それを参考にさせてもらっている。換装作業自体は、ネジの頭をナメないように注意して丁寧に作業すればそれほど難しい作業ではないと思う。
f0174521_23151458.jpg

SSDを組み込んで、MacBook Proの電源を入れて、command+Rを押してディスクユーティリティを呼び出し、OSをインストールして、Time Machineバックアップから復元を選んで少し待つ。私の場合は1時間30分ほどで終了。ドキドキしながら再起動すると何事もなかったようにOS10.11 El Capitanで立ち上がる。
f0174521_23154965.jpg

起動に要する時間は16秒ほど。パスワードを入れて作業が出来る状態になるまで25秒。…いままで起動にイラつくほど時間がかかっていたHD仕様のMacBook Proですが、さすがにSSDにするとハヤイですね。

Time Machineで移動したデーターやアプリケーションを確かめると、Mailの設定が少しおかしい。直そうと試みたが、変更した設定がどうしても反映されない。あれこれ試したがどうしても出来ない。仕方無いので、もう一度OSをインストールしてみる事にする。上書きになってしまうが、アプリが不完全にインストールされている可能性を疑ったからだ。
再度OSのインストールを実行すると、Mailの設定変更も反映されるようになって、送受信も問題なく出来るようになった。
やはりOSを10.6(snow leopard)から10.7(Lion)、10.8(mountain Lion)、10.9(Mavericks)、10.10(Yosemite)、10.11(El Capitan)と一足飛びに4つも飛び越すので、何かと問題はあったのかもしれない。でも「それだけ」で済んだのだから大したものだと思う。
他のアプリに関してはPhotoshopやFTPクライアントソフトなど、恐れていたアクチベーションも問題なく、DPPもめでたく「4」を入れる事が出来て快調に動いている。SafariやグーグルChromeなどでのネットサーフィンも快適ですね。いや素晴らしい。
さすがにプロセッサーが「Core2Duo」と言う事で「Core i7」等と比べるのは可哀想というものだが、ちょっと比較を試みてみた。

 2020万画素のEOS-1DX Mk-2のRawデーター50枚をDPP4を使ってjpegに現像+保存にどのくらい時間がかかるかを試してみると

2.8 GHz Intel Core i7:11分10~20秒
Core2Duo:39分20~30秒

…もう少し期待してましたが、結構な差がつきました。まあ、こんなものとも言えます。それでも6年前の「Core2Duo」のMacBook ProがSSDに換装して最新のOSで動かせる訳だし、さすがに仕事で使うには躊躇するけど、大量処理でなければ使えないレベルでも無いと思う。何より最新のアプリが使える訳だし。
…いざという時にはサブになるかな?
f0174521_23181595.jpg

これまで自宅でネット専用として使っていたWindows XP機を引退させて、今回SSD換装したMacBook Proに置き換えようかと思っています。いざという時にはモバイルの予備機としても使え…なくも無い??…のだから、復活にかかった4万円(モニター交換費用)+1.6万円(SSD購入代金)も、そんなに高くないのでは? と自分を納得させている。SSD換装作業、楽しめたしね。
by hidenobu_02 | 2016-05-05 23:20 | Mac Book Pro | Comments(0)