Mk-4とD3s

f0174521_254622.jpg

先日、キャノン1D Mk−4とニコンD3sの両機で撮り比べる機会がありました。やはり普段撮影している環境で実際に撮ってみないとわからない事もあると思います。場所は「ツインリンクもてぎ」スーパーGT Rd-9最終戦です。
f0174521_261052.jpg

f0174521_26204.jpg

どちらも外観はそれ程変わらないので、よく見ないとわからない。
f0174521_264012.jpg

Mk-3で不満だった拡張システム端子の蓋がねじ込み式から変更。端子カバーと同じ形式になった。なぜ始めからこうしなかったのだろう。
f0174521_27515.jpg

f0174521_271519.jpg

D3sから電池の着脱つまみの形状が少し変わり、つまみやすくなった。また、ボディのAFスイッチが敏感に反応するように改良されているのがありがたい。このAFスイッチが遠くて使い難かったのだが、ちょっと押しただけでAFが作動するようになり、スイッチの位置の遠さがそれ程苦にならなくなった。
f0174521_273849.jpg

Mk−4のボディ番号。これって、4番って事かな?
f0174521_2849.jpg

D3sも1D Mk-4も発売前の機種なのでRawデーターが開けません。勿論キャプチャーNX2でもDPPでもまだアップデーターが出ていないので、JPEGで見る事になります。とは言いつつも普段と同じRawとJPEGの同時記録で撮影。
で、もって私の興味はAFの性能。同じコーナーで同じように撮り比べて見た限りでは…
f0174521_2184120.jpg

f0174521_218587.jpg

f0174521_219965.jpg

f0174521_2192076.jpg

f0174521_2202262.jpg

f0174521_2203751.jpg

f0174521_2204969.jpg

f0174521_2205817.jpg

…どちらも若干被写体ぶれ気味ですが(汗)

ニコンD3sはAFがCモード、AFロックオン標準、周囲拡張モード。
 以前は気になったAFが動き始めて被写体に合焦するまでのホンの少し時間というか間があったものが改善されていて、もどかしさがなくなった。AFボタンを押すと、間を置かずスッと動いてくれて気持ち良い。また、カメラボディ側のAFボタンが敏感に反応するようになったのもうれしい。以前はレンズ側にAFのスタートボタンがある場合はカメラ側のAFボタンを使う気になれなかったが、これなら使っても良いかと思う。敏感に反応してしまい嫌だと思う人もいるだろうが。

 キャノン1D Mk-4は追従敏感度やや遅め、測距点左右1領域拡大。
 Mk-3とかではAFで追わせながら連続撮影している場合、ファインダーで覗いていると明らかにピントを外している瞬間にシャッターが落ちているのがわかったりする時があったのだが、Mk-4ではそれがだいぶ改善されているようだ。AFが測距して、その目標値までレンズを駆動させて被写体にピントを合わせるといったひと動作の、いわばAFの切り分けといったものがうまくなったような気がする。撮影モードをピント優先から撮影優先にしたりAFの追従敏感度を速いほうや、遅い方に振ったりしてみたが、2枚撮って2枚ともバリピンという訳にはいかない。このあたりはニコンD3sの方がもうひとつ上手なように思う。

 ホワイトバランスはどちらもオート。ニコンのピクチャーコントロール、キャノンのピクチャースタイルのどちらもカメラの設定は「スタンダード」です。ホワイトバランスオートではニコンの方が被写体によってバラつきがでるように思います。敏感に反応してしまいがちなのか?
色味についてはこんなにも違うものかね?両メーカーの色作りの考え方の違いが面白いですね。馴染みがあるせいか、私はキャノンの方が好きかも?

 1D Mk-4の発表会に行った人達は口々にAF性能の高さを誉め讃えていましたが、D3sはさらに一歩進んでいるかもしれません。…まあ、画素数が違うので一概には言えませんが。

 あと、高感度の性能が上がったので「ISOオート」というモードを選ぶ事が現実味を帯びてきました。暗いピットと明るいピットレーンを撮り分ける時等に便利だと思います。

…さて、楽しみ(苦しみ?)が増えました。サンタさんにお願いしよう。
by hidenobu_02 | 2009-11-12 02:29 | Nikon機材 | Comments(2)
Commented by tats at 2009-11-14 12:15 x
すごいテストですね!ブログに出してもかまわないんですか??

mk4の端子カバーですが、無線LAN装置(型番が分かりません)を付けるときにこのねじを利用しての取り付けだと思いましたが、mk4のようにカバーが付いたままだと無線LAN装置とカメラ本体からはみ出た形になると思うのですが、いかがでしょうか?mk3はそこを考えてねじ式にしたと想像しています。

ニコンとキヤノンのスタンダードについてですが、ニコンのスタンダードはキヤノンで言うところの風景モードに近いくらい彩度などを上げています。僕の周りのニコンユーザーは絶対使わないと言うくらいのスタンダードなのですが。車の撮影だと、わりに彩度高めの方が良いような気がしますね。
mk4を褒める人が多い中、冷静にD3sと比べられるのはすごいと思いました。
結果が出るのは両方とも市販されて、落ち着いた頃でしょうね。
Commented by hidenobu_02 at 2009-11-16 04:00
>mk4のようにカバーが付いたままだと無線LAN装置とカメラ本体からはみ出た形になると思うのですが

私もワイヤレストランスミッターの実機はまだ見ていませんが(キャノンのサイトでは判別不可能でした)、Mk-4用はWFT-E2Bになり、Mk-3までのE2とは区別されているので、何らかの対策がされているかもしれません。MK-3のねじ込み式端子蓋はもういくつ無くしたかわかりません。Macと直結撮影時、抜け防止を取り付ける際に必ず外すのも無くす原因かも知れません。

>ブログに出してもかまわないんですか??

…まずいかなあ?


>風景モードに近いくらい彩度などを上げています。

…キャノンもどんどん派手めになってゆく傾向にある…かも。


>僕の周りのニコンユーザーは絶対使わないと言うくらいのスタンダードなのですが。

…私の知り合いはスタンダードどころかビビット!で撮ってますよ。