ニコン機材 その1

先日までお借りしていたNikon機材について、自分の備忘録を兼ねて記しておきます。普段Canonを使っているユーザーから見た、あくまでCanonに軸足を置いた見方をしていますので、あしからずご容赦下さい。

今回、まずはMacとカメラの直結撮影について。
f0174521_4103151.jpg

Nikonの場合はCamera Control Pro 2(Version2.6.0)というソフトを使ってUSB接続で使う。勿論ライブビューも可能だ。カメラ側にはMacと通信している事を示す「PC」という文字と(NikonさんはMacの事なんて眼中に無い感じですね)、バーグラフみたいなものが右から流れて表示される。Macと通信状態にある間中このバーグラフみたいなものは動いている。後で記すが、このようにMacと通信状態の間はカメラ側からのシャッタースピードなどの変更は出来ない。
f0174521_2065690.jpg

 一番始めに気になったのはこのライブビュー画面。小さく、しかもライブビュー画面はサイズ固定で大きくする事が出来ないのは不便に感じました。 商品撮影時、ライブビュー画面を見ながらアングルや商品を動かしてみたりする事が多いのだが、こんな小さな画面では確認し辛い。…Canon EOS Utiltyではライブビュー画面は自由に大きさを変えられるのに。
f0174521_2074647.jpg

 ライブビュー中にもAFを作動させる事が出来るのは良いと思いました。この機能に関しては新しいCanon 1Ds Mk-4からは出来るようになったようですね。
f0174521_20817100.jpg

 これはCanon EOS Utiltyのライブビュー画面のところ。画面右に絞り込みのオンオフ切り替えがある。

 カメラコントロールプロでMacにつないでいる間は、カメラ側の背面液晶にライブビュー画像を表示させたくても出来ないのは不便に感じました。また、ライブビューモードの時、Mac側からカメラのレンズを絞り込んで、被写界深度等を確認したいのだが、出来ないようだ。項目が無い?細かいアングルやピント確認をしたい時に便利に使っているのだが、どうして出来ないのかなあ?
f0174521_2084384.jpg
f0174521_2085236.jpg

 Camera Control Pro 2側からドライブモードとAFモードの変更が出来たら良いのにと思うけど、カメラの外側に切り替えがあり、機械的に変更せねばならない以上こりゃ無理かと思うと、カメラのドライブモードをミラーアップやセルフタイマーにしてあっても、カメラコントロールプロ使用時にはMac側からシャッターを押せばドライブモードに関係なく即座にシャッターが切れる。たとえセルフタイマーモードになっていても関係ない。試しにMacにつないだままミラーアップモードにしてカメラ側のシャッターボタンを押してみたが無反応だった。これならAFモードもドライブモードも変更出来そうな気がしますね。しかし、どうしてカメラコントロールプロ使用時にはカメラ側のシャッターボタンが機能しなくなるのだろう。また、絞りやシャッタースピードなどの設定もカメラ側では出来なくなる。ほとんどの機能は繋いでいるMac側に移行してしまうようだが、ちょっと不便に感じた。
 CanonのEOS Utiltyの場合もセルフタイマーではシャッターが切れない。ライブビューさせていれば当然ミラーアップにはなるけど、Nikon、Canonの両メーカーともMacと繋いでいる場合はセルフタイマーは必要無いという考え方なのだろうか?私はセルフタイマーも使いたいのだが。だって、ブレが怖いもの。少しでも不安材料は無くしたい。
f0174521_2091574.jpg

 ISO感度とバッテリーレベルも常に表示させておいて欲しい。まあ、スタジオ撮影時はカメラをAC電源につなぐ事が多いだろうからそれほど問題にならないかもしれない。カメラのバッテリーを使用している場合、バッテリーレベルを知りたければCamera Control Pro 2の「ドライブ」という画面に行かねば確認出来ない。また、ISO感度も「露出2」という画面に行かねば確認出来ない。これらは常に確認しておきたいところなので、常に表示されている下のシャッタースピードとか絞りの所に表示させて欲しい。
f0174521_201004.jpg

 Camera Control Pro 2を使ってMacとつないでいる間、シャッターを切って撮影画像を取り込む度に表示されるステータスはいらない。今回、表示させない設定が見つけられなくて、とってもじゃまだった。
f0174521_20101839.jpg

 Camera Control Pro 2の画面で絞りやシャッタースピードを変更する時などにキーボードからのショートカットが用意されていないようだった。いちいちカーソルを絞りとかのスライダーに持って行って動かさねばならないのが非常に使い難い。ショートカットが用意されていれば、カメラの直結撮影時には非常に効率的かつスマートに操作が可能なのに。ちなみにCanon EOS Utilty の場合は例えばスペースバーを押せばシャッターが切れるなどのショートカットが用意されており、大変便利。

他には

 カメラコントロールプロのビュワーの表示が遅い。Capture NX2も表示が遅いけど、これはMac版だから?Win版だと早かったりするのかな?

 カメラ側のCFカードにも同時に記録出来ないは不便。これって結構致命的かも。
f0174521_20104137.jpg

f0174521_20113785.jpg

 Nikon D3XとCanon EOS 1Ds Mk-3の2台を同時にMacに繋いでCamera Control Pro 2と EOS Utiltyを起動しているけど大丈夫だった。危ない?

 ここに記した事のいくつかは新しいD3sの発表と共にバージョンが上がったもので改善されている?らしいので、期待しています。
by hidenobu_02 | 2009-10-22 04:21 | Nikon機材 | Comments(0)